2017-12-29

業(カルマ)の本質

 業(カルマ)に関する覚え書き。ま、身口意にわたる三業の集積を「業」(ごう)と呼ぶのが普通である。

 Wikipediaを参照するとサンスクリット語は「karma」(カルマ)となっている。勉強不足で申しわけないが、カルマとサンカーラ(サンスカーラ)の関係がよくわからない。

ややこしい「サンカーラ」の話 ( 哲学 ) - アジアのお坊さん 番外編
日常の重力=サンカーラ(パーリ語)、サンスカーラ(サンスクリット語)/『ブッダは歩むブッダは語る ほんとうの釈尊の姿そして宗教のあり方を問う』友岡雅弥

 余談になるが「行躰即信心」は完全な邪見で、行為と信心に関連性はあってもイコールではない。そもそも信心やマントラ口唱を重視したのは法然-親鸞であり、日蓮はそれを敢えて踏襲することで蔓延する念仏宗に打撃を与えようと試みたのだろう。

 話を元に戻そう。業(カルマ)の本質は「好きなことを繰り返す」ところにあると私は考える。例えば音楽、本、映画、ドラマなどがわかりやすい。かつてイアン・デューリーは「セックス&ドラッグス&ロックンロール」と歌った(1977年)。加えてアルコール、ギャンブルなど。我々は耽溺(たんでき)し、のめり込む。きっと脳の報酬系が発火しているのだろう。生物は快楽という刺激に逆らえないのだ。

 事あるごとに「うまい棒」のでかい袋を買う婦人部や、スカトロビデオでなければ昂奮することができない男子部を私は知っている。

 好きなことを繰り返すのと同様に、我々は嫌いなことを避けるのも繰り返す。そしてその中間に無意識のまま繰り返す日常の営みがある。安易というぬるま湯の中で知らず知らず流されてゆく方向性がある。このようにして人は一回性を失ってゆくのだ。

 もっと端的に言おう。「今日より明日へ」という思考の枠組みが既にカルマの罠に捕われているのである。人生は今日しかない。今日の延長線上に明日を思うのがそもそも過ちなのだ。

 誰かが亡くなった時に湧いてくるのは「伝えるべきことを伝えてなかったのではないか」という悔恨の情だ。次の機会があると思い込んでいるから向かい合う姿勢に真剣さが乏しくなる。

「繰り返したい」との切望が業の本質である。だからこそ我々は明日を思い描き、来世に期待するのだろう。

年金生活者に5部の聖教新聞を購読させる創価学会


 ついつい全部読んでしまった。気楽な姿勢で本音をさらりと書いているのがよい。人生の先輩に対して失礼なことを申し上げるが、「組織には何の期待もしてない」と言いながらも趣味として活動するのは、やはり時間の無駄であるように思う。

池田名誉会長ジュニア「バチカン」接近「真の狙い」


 正本堂落慶法要にヴァチカン市国からの来賓もいたはずだ。ヴァチカンは中世において宣教師を世界中に派遣し、スパイの総本山的色彩を帯びた。現代においても情報収集能力は各国情報部に引けを取らない。

2017-12-28

「悪法も法なり」と言ってソクラテスが毒杯を飲んだという話は日本で捏造された作り話


 これは武田邦彦も知らない話だな。

モンゴル力士暴行&八百長疑惑 理事会上部の評議員会長:池坊保子氏が隠蔽意向だった

2017-12-25

川崎市中原区選出の公明党の市議会議員が辞職