2017-02-04

破壊活動の作戦会議

 反日極左の顔ぶれをよく見ておくように。

催促

大橋敏雄氏死去


 大橋敏雄も義憤の人であった。昭和40~50年にかけて公明党は池田の思いつきに振り回されていた。昂然と池田批判を口にする議員も少なくなかった。なかんずく党首脳が愕然としたのは創共協定であった。私も今なら理解できる。日本共産党は公安からマークされている団体である。しかも昭和40年代といえばまだ学生運動の炎が燃えていた時期だ。その危険な団体と手を組むのは彼らの革命に加担することを意味する。自民党と強いつながりを作り上げてきた竹入義勝と矢野絢也には池田が狂ったように見えたことだろう。後に野崎勲が「共産党の動きを10年封じる池田の戦略であった」ことを矢野に明かした。高等戦術というよりは一種の謀略であるが、公明党の政権入りを遅らせたことは間違いないと思われる。大橋が池田に反旗を翻した途端、学会本部は「大橋に関する女性問題などのスキャンダルを知らないか?」と矢野に問い合わせる。「知らない」と応じると「じゃあ、しようがない。こちらで探す」と電話を切った。批判を絶対に許さぬその個人崇拝ぶりは毛沢東に匹敵するといってよいのではないか。

恵方巻売りの少女

 マイ聖教と同じ構図(笑)。

日本の国旗を貶める中国

 私は反日教育を甘く考えてきた。中韓の日本に対する行為は戦争準備と考えていいだろう。トランプ大統領がギヤを保護主義にシフトしたが、その次に来るのは世界大戦であろう。日中衝突は東京五輪の直後あたりだろう。2020年代は第三次世界大戦の様相を呈するに違いない。

2017-01-29

映画『セデック・バレ』が無料(R15)

 ヤフーIDが必要。ない人は取得を。



世俗性と宗教性




 何気なくツイッターから拾ってきた言葉である。どれも決して悪い言葉ではない。むしろ創価学会員にとっては心地よく響くのではあるまいか。いずれも著名な人物であるが私は著作を読んでいない。これからも読むことはないだろう。牧口常三郎がカント哲学の「真理」を否定したことによって創価学会の言説が世俗性を志向するのは必然であった。日蓮の片言隻語を引用したところで宗教性を追求する次元に至らないことは明白である。

創価学会の教学は断章取義

 言葉には思考を束縛する機能がある。感動した途端、人は洗脳される。これを信仰と名づける。人生という現実に役立つ言葉は無数にあるが、生そのものに迫る智慧は自らつかみ取る他ない。世俗的な言葉はそのヒントにすらならない。抽象度が低すぎるためだ。

読み始める

共同研究 パル判決書(上) (講談社学術文庫)共同研究 パル判決書(下) (講談社学術文庫)読む年表 日本の歴史 (WAC BUNKO)零戦撃墜王―空戦八年の記録 (光人社NF文庫)世界同時 超暴落

腐敗した怒り


 正に言い得て妙。腐敗した怒りは内部を蝕み、捻(ねじ)れた潰瘍(かいよう)となる。時折しくしくと痛みだしては過去の怒りが甦(よみがえ)る。この繰り返しが確固としたパターンを形成し、自分自身が変化する可能性の芽を摘(つ)んでしまう。個人折伏で行き詰まっているメンバーによく見られる傾向だ。また創価学会系の掲示板が悪臭を放っているのも社会や組織におけるルサンチマン(劣情の正当化)を発散しているためである。世界各地で行われてきた男子の民族的元服が、身体的な痛みを伴うイニシエーション(通過儀礼)であったのも、過去の劣情を一掃して「大人」へと変貌させることを目的としたのだろう。また台湾原住民(※差別用語ではない。「先住民」とは滅んでしまった民族を意味するため)の男性には昭和初期の頃まで出草(しゅっそう/首刈り)という風習があった。これまた勇気を示すことで弱さを克服する営みである。例えば、いじめに対する極端な解決法としては「許す」か「殺す」しかない。この間に無限のグラデーションが色なすわけだが、真ん中よりも「殺す」に感情が位置すると「腐敗した怒り」に囚(とら)われる。いじめの真の被害はここにある。ルサンチマンを解き放つ方法が一つだけある。簡単なようで難しいのだがやってみれば直ぐにわかる。それは自分が幸せになることだ。幸せになれば過去の全ては美化することができる。他宗を批判し、他人の悪口を言う創価学会員の行為は、それ自体が不幸を物語っている。