2017-01-27

ドン呆然…都議選、衝撃の議席予測 「小池与党」で過半数も…選挙プランナー・三浦博史氏分析

「新党を立ち上げれば、他の政党・会派をすべて敵に回すことになる。だが、政治団体であれば、都議会公明党など他党や、自民党会派の候補も推薦できる。おのおの小池氏と推薦候補の2連ポスターの掲示も可能になる。都議選の選挙区は42あるので、一挙に42人を推薦できる。複数定数区で複数推薦できれば50人以上を『小池与党』(小池氏支持勢力)にできる」

zakzak 2017-01-16

都議選予測「自民衝撃 3位転落」

創価学会、東大阪市で鴻池文化会館新築に着手

 創価学会(東京都新宿区信濃町32)は礼拝所「創価学会鴻池文化会館」新築を1月18日に着工した。場所は東大阪市新庄西35―5、他4筆の敷地9610・23㎡

日刊建築速報社 2017-01-26

2017-01-26

中国、台湾と外交関係のある西アフリカのブルキナファソに“5兆円の供与”を条件に「台湾との断交」要求

→ブルキナ「断る!台湾は我々の友人」~ネットの反応「なかなかカッコいい台詞だな」

 近頃、ツイッターの貼り付けコードが取得できなくなったため難儀をしているところ。ご存じの通り創価学会は中国の古い友人であるが、何も言えない友人なので「一つの中国」を強く支持している。アメリカに先んじて中国と国交正常化した日本に対してキッシンジャー国務長官が激怒したのは、日本が台湾問題を無視して「一つの中国」を認めたためであった。キッシンジャーはロッキード事件をもって田中角栄を葬る。一国の総理を犯罪者に仕立てたわけだが、その罪は外為法違反というつまらない罪だった。証拠は全部アメリカ側がお膳立てした。証言者は司法取引で免罪。私は当時まだ小学生であったがマスコミの喧騒をありありと覚えている。創価学会が説く平和は第二次世界大戦に勝利した連合国がつくった枠組みに基づいており、その国際主義的体質とも相俟(ま)って戦前の日本を貶めることに何の疑問も抱いていない。閣僚の靖国参拝を批判し、国連を持ち上げる姿勢が左翼と共通している。靖国神社を訪れることもなしに批判するのは片腹痛い。

2017-01-22

沖縄普天間基地反対の一坪地主名簿の中に火炎瓶テロリストや革マル派が存在する

【我那覇真子】9.25 国連人権理事会における「沖縄問題」の展開 帰国記者会見

 内容は文句なしである。一生懸命な姿もよい。

自称保守を公言する佐藤優の正体


沖縄防衛情報局」は我那覇〈がなは〉親子で運営されており、最近はチャンネル桜にも度々登場している。内容は興味深いのだが幸福の科学信者であることを知ると色合いが変わって見える(※3/21に打ち消し)。また他にも例えば保守に受けのよいケント・デリカットはモルモン教徒である。左翼や創価学会も同様でその言論が信用できないのは、本音をひた隠しにして理想を語るためだ。


安倍改造政権支える宗教 集団的自衛権で創価学会とはすきま風

 自民党と連立を組む公明党の支持母体である創価学会もその一つだが、幹部が自嘲気味にこう語った。

「来年の参院選で安倍さんが頼りにしているのはうちではなく、神道政治連盟、日本会議、全日本仏教会(全日仏)、そして統一教会の4団体でしょう」

『週刊朝日』2015年10月23日号