2017-01-07

翁長知事誕生の裏に中国総領事の工作活動があった


潜伏左翼か?


 私の世代でも知らない人が多いが、昭和40年代に左翼の細胞は各界に侵入した。彼らは内部から崩壊させる役目を担っており、その後も潜伏が続いた。スケールを小さくしたスリーパーといってよい。創価学会にも多数の左翼が入り込んだが詳細は不明である。60年安保の後半から創価学会は左側になびき始める。池田自身が公明党を「超左翼」と位置づける発言をしている。学生部にあっても新学生同盟(新学同)なる組織が結成される(1966年)。

10/19【学会】全協が発展し「新学生同盟(新学同)」結成される。代々木公園での結成大会に7万5千人が参加。(新学同として極秘に共産党・民青の調査を開始。)

学会の歴史(昭和44年) (3)

 尚、「大学立法粉砕全国連絡協議会」(全協)が結成されたのは1969年のようだ。

創価学会学生部 大学立法粉砕全国連絡協議会 新学生同盟

 当時の学生部でもしも「新宿騒乱」に参加した人物がいればご連絡いただきたい。

 ツイートの画像に同じ顔がある。年代からいえば潜伏左翼とは認めがたい。ひょっとすると潜伏左翼2世かもしれぬ。

 近代史が混沌としているのは左翼が果たした役割がいまだにわからないためである。第二次世界大戦においてアメリカは左翼に侵食されていた。GHQの半分も左翼であった。戦時中の日本ではゾルゲ事件が発覚。近衛文麿のブレーンを務めた尾崎秀樹〈おざき・ほつき〉がソ連のスパイであった。シベリアで抑留された多くの日本人もソ連によって洗脳された。昭和29年(1954年)に100万枚以上のセールスを記録した「岸壁の母」(菊池章子)はシベリアから帰る息子を舞鶴港で待つ母親の心情を歌ったものだが、モデルとなった端野〈はしの〉いせの息子は中国共産党軍に参加したまま帰国することがなかった。誓約引揚者としてスパイになった日本人の詳細については不明のままだ。スリーパーとして最も有名な大物は伊藤忠商事会長を務めた瀬島龍三である。尚、人権的立場から批判されることが多かったマッカーシズム(赤狩り)についても、ヴェノナ文書の発見によって正当であったとする評価が出始めている。

 左翼をナメたらあかんぜよ。

2017-01-06

島田裕巳「なぜ佐藤優氏は創価学会の選挙活動にしか役立たない本を書いたか」

 佐藤氏は、現在の創価学会と公明党が過剰なほど政教分離を推し進めているととらえ、むしろ、公明党には宗教色を明確に打ち出すことを求めている。「公明党には、自分たちが日蓮仏法の流れを引く創価学会の価値観を基盤にした政党だと宣言する選択肢があるはずだ」というのだ。(中略)

 また、仏教学部を設けていない創価大学についても、それを「設置して専従の教学エリートを養成し、継続的な研究ができる態勢を整備することが急務になってくると私は見ている」と述べている。

島田裕巳

 前々から胡散臭く感じていた佐藤優だが、近頃ようやく正体が見えるようになった。彼は創価学会のみならず多方面に様々な働きかけを行っている。

小沢一郎「創価学会だろうが共産党だろうが、『入れてくれる』っちゅう人に『いらない』と言う必要はまったくない」

「ですから、そういうことはないんですけれども、しかし、選挙協力ということでは何も躊躇(ちゅうちょ)する必要はない。ここに集まっている方はほとんど、選挙経験した方が多いですけども、選挙する身になってみればですよ、相手が自民党の支持者だろうが、創価学会だろうが、共産党だろうが、自分に『票、入れてくれる』っちゅう人に『いらない』と言う必要はまったくないし、『いらない』と言う人はたぶん、世の中、いないと思います」

産経ニュース 2017-01-01

謹賀新年

 新年、明けましておめでとうございます。

 やはり幾つになっても年が明けると気持ちが改まる。不思議なものである。戦後間もない頃までは数え年であった。一歳としをとる重みが有り難い現実を示しているのだろう。

 私がインターネットを始めたのは1998年のことである。一番最初に立ち上げたのは「Great Readers」というホームページであった。タイトルはリードする人と本を読む人の掛詞(かけことば)だ。これは青年部時代に分区で行っていた希望者による読書研鑚を通した人材育成グループのサイトで感想文を掲載していた。希望者としたのは「本を購入する」という金銭的強制があるため。

 続いて1999年に「創価学会ML」なるメーリングリストを立ち上げた。最初は私がメールで折伏した女性を育成するつもりで始めたのだが、あっという間に100人を超す大所帯となった。最盛期には一日で100通以上のメールが飛び交った。その後「創価仏法研鑚掲示板」を開設。はてなダイアリーで「創価王道」を始めたのが2003年である。

 なんと今年でもう20年になる。齢(よわい)を重ねるごとに矢の如き光陰は加速度を増す。これからの20年を思えばうかうかしているわけにいかない。人生の最終章なのだから。

 なぜブログを更新するのか自分でもよくわからない。「お前の役目はとっくに終わっただろうが!」という声も聞こえてきそうだ(笑)。私が活動をやめたのは10年ほど前になる。即断即決がモットーなので「やめる」と決めたら直ぐやめる。少しずつ出なくなるというような中途半端なことはしない。で、私に対して説得を試みる強者(つわもの)は一人もいなかった。ま、当たり前だ。来たらこてんぱんにしてやるよ。たとえ相手が副会長であったとしても、

 創価学会から離れてしまえば日蓮から離れるのにもそれほど時間を要さなかった。これはクリシュナムルティの影響が大きい。40代半ばで完全に眼が開いた。

 振り返ると創価学会には楽しい思い出ばかりがある。様々な人々から受けた恩も決して小さなものではない。

 物語と事実は異なる。眠ったままの人々は事実を知る努力をしない。事実を突きつけても目を閉じる。それはそれで自由だ。他人がとやかく言う必要はない。何を信じるのも自由だし、眠るのも自由だ。

 私がやろうとしているのは嘘を明らかにすることだ。特に反逆者のレッテルを貼り、聖教新聞紙上で口汚く罵り、家族のプライバシーをも世間に晒(さら)した創価学会の行為は断じて許すわけにはいかない。

 ま、そんなわけで今年も宜しくお願いします。