2017-07-22

朝日新聞への反応

 ツイッター民は賢明だ。ツイートの日時をクリック→返信を参照せよ。聖教新聞社もツイッターを始めろ(笑)。

2017-07-19

橋下徹が有田芳生に噛み付く

萱野稔人「差別というのは問題のすり替え」

劉暁波氏の死に沈黙する世界


泉放送制作について

 有り体に申せば在日朝鮮人・中国人による反日活動となるのだが、テレビ局主導でここまで酷似した内容になるとは思えない。本を正せば自民党を中心とする政治家が中国利権・朝鮮利権で甘い汁を吸ってきたことに起因する。


2017-07-17

メディア自壊

 青山繁晴は加戸守行〈かと・もりゆき〉前愛媛県知事とは面識もなく、質問前に挨拶をすることもなかったという。そして何の先入観も持たずに加戸氏の証言を引き出すことに専念した。

読み始める

モラルの起源―道徳、良心、利他行動はどのように進化したのか
クリストファー ボーム
白揚社
売り上げランキング: 157,541

天上の歌―岡潔の生涯
帯金 充利
新泉社
売り上げランキング: 221,837

日本の真実50問50答 わかりやすい保守のドリル
和田政宗
青林堂 (2017-06-07)
売り上げランキング: 1,125


人間この信じやすきもの―迷信・誤信はどうして生まれるか (認知科学選書)
トーマス ギロビッチ
新曜社
売り上げランキング: 103,872

親が70歳を過ぎたら読む本
村田 裕之
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 16,787

速トレ 「速い筋トレ」なら最速でやせる! (Ikeda sports library)
比嘉一雄
池田書店
売り上げランキング: 12,028

プロが教える 筋肉のしくみ・はたらきパーフェクト事典
荒川 裕志
ナツメ社
売り上げランキング: 1,873

筋肉の使い方・鍛え方パーフェクト事典
荒川 裕志
ナツメ社
売り上げランキング: 4,080

2017-07-16

歴史に残る安倍外交

 左翼は馬鹿の一つ覚えで「アベ死ね」「アベやめろ」を連呼するが、安倍外交は間違いなく歴史に残ることだろう。個人的には決して好きなタイプの政治家ではないが、不安定化する世界の中で日本が安定政権を維持することで混乱を免れた事実は素直に評価したい。


自衛隊を巡る意見の相違



2017-07-13

東京でヒアリが発見される

2017-07-12

朝日と毎日は「ゆがめられた行政が正された」の加戸守行前愛媛県知事発言取り上げず 閉会中審査


2017-07-11

加戸守行〈かと・もりゆき〉元愛媛県知事が実情を語る





2017-07-09

読み始める

群れはなぜ同じ方向を目指すのか?
レン・フィッシャー
白揚社
売り上げランキング: 176,619

群れのルール 群衆の叡智を賢く活用する方法
ピーター・ミラー
東洋経済新報社
売り上げランキング: 180,991

群れは意識をもつ 個の自由と集団の秩序 (PHPサイエンス・ワールド新書)
郡司ぺギオー幸夫
PHP研究所
売り上げランキング: 249,072


日中戦争はドイツが仕組んだ―上海戦とドイツ軍事顧問団のナゾ
阿羅 健一
小学館
売り上げランキング: 26,325


サッカーで痛めた体を自分で治す本 (太もも・ひざ・ふくらはぎ・足首のセルケアとトレーニング)
松田悦典(わらびFit整骨院院長/元浦和レッズ・サガン鳥栖)
マキノ出版
売り上げランキング: 130,147

筋トレを続ける技術-自宅で気軽に体脂肪燃焼 (Ikeda sports library)
森 俊憲
池田書店
売り上げランキング: 78,626

70年代日本SFベスト集成3: 1973年度版 (ちくま文庫)

筑摩書房
売り上げランキング: 576,540

国内の報道バラエティー番組の8割以上を製作しているのは「泉放送制作」

16歳の高校生が世界的大発見を!


2017-07-06

百田尚樹が外国特派員協会で講演

 百田尚樹は現在、左翼から目の敵(かたき)にされている人物の一人でテレビからも干されている。昨年行われた都知事選の際に在特会・桜井誠の演説を「カッコいい」と持ち上げた。ベストセラー作家の発言としては軽率の謗りを免れない。昨今話題の藤井聡太四段も百田作品を愛読しているようだが、朝日新聞に至っては意図的に百田の名を紙面に掲載しない。やはり沖縄の度を越した反基地運動に対する批判と、「放送法遵守を求める視聴者の会」の代表呼びかけ人になっている影響が大きいのだろう。動画は3分過ぎから。




2017-07-02

読み始める

戦争にチャンスを与えよ (文春新書)
エドワード ルトワック
文藝春秋
売り上げランキング: 314

村山談話20年目の真実 (イースト新書)
和田 政宗 藤井 実彦 藤岡 信勝 田沼 隆志
イースト・プレス (2015-08-09)
売り上げランキング: 262,695


2017-06-28

怒りの毒素 都市伝説まとめ

生命を語る』でも引用されていたな。

2017-06-26

改憲潰しこそ、森友・加計問題の実態

2017-06-23

日本維新の会の国会議員歳費は2割を毎月被災地に寄付


2017-06-22

【東京都議選】公明党の共産党批判、ボルテージ最高潮 党機関紙で「危険性は国のお墨付き」「かつて朝鮮労働党と兄弟党」

 解説記事は「3つのK」を意味する「汚い、危険、北朝鮮」について1ページ(広告を除く)の半分以上を割いた。認可保育所の定員増加は公明党が実現したと強調した上で、共産党を「実績横取りのハイエナ政党」として「保育所増設を推進するどころか、関連する法律、予算に反対してきた張本人」と非難した。

産経ニュース 2017-06-22



 ま、どちらも「争いを好む政党」である。

読み始める

呉越春秋 湖底の城 一 (講談社文庫)呉越春秋 湖底の城 二 (講談社文庫)湖底の城 三 呉越春秋 (講談社文庫)呉越春秋 湖底の城 四 (講談社文庫)呉越春秋 湖底の城 五 (講談社文庫)呉越春秋 湖底の城 第六巻呉越春秋 湖底の城 第七巻日本をダメにするリベラルの正体

凶暴代議士「豊田真由子」による秘書への“絶叫暴言&暴行傷害音声

 録音・録画が最大の武器となる。






2017-06-20

「公明党の反共攻撃にどう反撃するか」 共産・志位和夫委員長が対抗心むき出しに

「公明党の反共攻撃にどう反撃するか」――。共産党の志位和夫委員長は19日、国会内で東京都議選(7月2日投開票)に向けた決起集会に出席し、公明党への対抗心をむきだしにした。

 都議選では、複数の選挙区で共産党と公明党が競り合う場面が目立っている。志位氏は「公明党の共産党に対する危機感はすごいものだ」と述べたうえで、ある公明党候補の演説会で「8割が共産党への攻撃だった」などと紹介した。

産経ニュース 2017-06-19

「公明党の反共攻撃」など高が知れている。それを恐れるところに共産党の未来が透けて見える。東アジアの情勢が急激に変化し、国民の多くが「憲法改正やむなし」と考える時代にあって、公明・共産の組織政党が世論をリードすることはない。創価学会学術部は数十年間にわたって首相・閣僚の靖国参拝を批判してきた。また創価学会員が靖国神社を訪れることも殆どないことだろう。国家のために戦い、散華していった英霊に感謝や敬意を示さない連中が国家の行く末を語ることができないのも当然だ。

2017-06-18

読み始める

隣人が殺人者に変わる時―ルワンダ・ジェノサイド生存者たちの証言曠野の花―石光真清の手記 2 (中公文庫)洗脳の楽園―ヤマギシ会という悲劇 (宝島社文庫)司馬遷―起死回生を期す (集英社文庫)モラルの起源――実験社会科学からの問い (岩波新書)役者 その世界 (岩波現代文庫)芸人 その世界 (岩波現代文庫)タレントその世界 (1977年) (文春文庫)スターその世界 (1978年)

ノーと言えない人間

2017-06-17

『希望の友』読んで育った少年たちは現在の公明党を本当に許せるのか?


 リベラル(≒左翼)には権力=悪、戦争=悪との思い込みがある。

山城博治氏の国連でのサイドイベントが悲惨な事に

2017-06-16

情報伝達

「五感の中に世界が存在する」という私の考えは訂正する必要がありそうだ。

安倍・二階が無視できない“公明党の越後屋”こと漆原良夫とは何者か

「今の公明党の2トップ・山口那津男代表、井上義久幹事長と自民党の安倍晋三首相、二階俊博幹事長はケミストリーがあわず、意思疎通がうまくいかない。そのため菅義偉官房長官が創価学会の佐藤浩副会長と気脈を通じてきたが、最近は学会・党の双方に『佐藤氏はやり過ぎだ』との不満が渦巻いています」(公明党関係者)

文春オンライン 2017-06-15

2017-06-14

【沖縄】「義務だと知らなかった」 雇った職員を労災保険に加入させなかった沖縄の33県議晒される

2017-06-11

よるバズ 加計文書+トランプ弾劾

民進党の混迷ぶり

どこでも与党

2017-06-10

東大新入生の支持政党

 公明党が少ない。