2016-12-27

子宮頸がんワクチン、未接種でも「副作用」と同じ症状


子宮頸がんワクチン副反応「脳に障害」 国研究班発表

池田会長の怠慢勤行

 学会側 池田氏の行動記録を提出。

 池田氏の怠慢生活、勤行をろくにしていないことが証明される結果に。

池田会長の怠慢勤行の実態発覚

 1日目、朝は13時30分に、夜は24時に唱題。
 2日目、朝は10時30分から、夜は16時50分から20分弱。
 3日目、朝、夜不明。
 4日目、朝、夜不明。
 5日目、朝不明、15時に唱題、夜不明。
 6日目、14時25分から10分間で勤行、夜不明。
 7日目、朝、夜不明。
 8日目、朝不明、夜は22時20分から幹部と。
 9日目、13時15分から5分間で勤行、夜は23時。
 10日目、朝は無し、夜は17時30分から。
 11日目、朝は11時10分、夜は不明。

 また、池田氏は本山に毎月のように参詣していたが、丑寅勤行への参加は一度も無い。

第一庶務による記録

真実の創価学会史 年表4

2016-12-26

【私が見た創価学会】 〜学会の公認通訳として見た池田の姿〜

 センセーは、勤行もまともにしていなかったのではないでしょうか。私は、矢倉涼子さんの口から、こういうことを聞きました。 「センセーがソ連に行く時は、共産圏で勤行ができないから、私がセンセーのために朝晩とも二回ずつ勤行するの。」
 共産圏といえども、ホテルの部屋で勤行することはできるはずです。私は、センセーが勤行をしないという事実を知った衝撃が大きくて、信じられない思いでしたが、二度にわたって矢倉涼子さんから同じことを聞きました。
 なお、身代わりで勤行するほどセンセーの信頼が厚く、近年に至るまでずっとセンセーの側に仕えていた矢倉涼子さんは、二年ほど前、大麻所持で逮捕されるという事件を起こしましたが、これが今の池田創価学会の現実を物語って余りあるような気がしてなりません。

それは失望の連続だった――理境坊所属妙観講 後呂聖子