2016-10-01

SEALDsが嫌われた理由~佐野元春の誤解


2016-09-30

正本堂のレリーフ

 レリーフ自体は以前から知っていたのだが、2種類あるのか? 顔の向きが微妙に異なる。事情を知っている人がいたら教えて。




池田大作の半裸のレリーフって何の為に作ったのでしょうか?

2016-09-29

9/29(木)〜青山繁晴・有本香・居島一平〜 真相深入り!虎ノ門ニュース

 冒頭で居島一平が丹波哲郎の物真似(戸田城聖役)を披露している。

全く読む気がしない須田論文

 チラッと見たが、まあ酷い代物だな。走狗ならぬ創狗といってよし。宮田が未来を展望しているのに対して、須田は古いタコツボ教学をかざすという展開である。大体、「血脈」を持ち出した時点でアウトだ。最蓮房宛ての遺文で真蹟ってあったっけ?

 宮田が抱く危機感を理解できる創価学会員は殆どいるまい。科学の世界は既に万象を情報と捉えている。そして科学は宗教をも捉え始めた。もはや宗教が科学に追いつくことはないだろう。科学の速度は凄まじいばかりだ。しかも科学は誤謬(ごびゅう)を検証し訂正する。

 簡単に述べよう。本尊、功徳、血脈を科学と同じレベルで定義することは難しい。むしろ出来ないと言った方がよい。教学とは身内に説明できるレベルの言語技術のことで客観性を欠く。いかなる教団であれ病気が治癒したという体験談は掃いて捨てるほどある。最近読んだ本では生まれつきの唖(おし)が治ったというエピソードが紹介されていた。もちろん創価学会ではない。

 信仰とは定義し得ないものを信じ切ってしまう思い込みの強さであろう。狐や狸であれ強く信ずれば心身に大きな変化を及ぼすことは十分あり得る。

 日蓮の教えに欺瞞があるのは、本尊を持(たも)てば成仏できる→ただし信行の題目を唱えること→そして血脈がなきゃダメ→心が合ってなくても祈りはかなわんぜよ、と段階的な条件がつくためだ。しかも悟りについては何も語っていない。煩悩即菩提だなどと本覚論をぶち上げるのみ。

 鎌倉時代はそれで通用したかもしれないが、現代では通るわけがない。

 もっと簡単に言おう。創価学会の信心に功徳があるのか? 本当にあるのか? あんたの地区の座談会でひっきりなしに功徳が語られているのか? 大体、創価学会員のブロガーで功徳を綴っている奴はいるのか? 掲示板は揉め事だらけで功徳の話なんかこれっぽちもねーぞ(笑)。 

 ご利益が欲しいのはそりゃ人情だ。だからといってそこに付け込んでいいとは思わない。

 結局のところ須田が言いたかったのは「影響力のある幹部は口を慎め」ということなのだろう。まさに創狗というべきか。ま、大した人物じゃないからね。俺は知っている(笑)。

2016-09-28

「宮田論文への疑問  日蓮本仏論についての一考察」須田晴夫

 あまり興味がないので暇があれば読む。

2016-09-27

贅沢

 例えば、ある成功者がいて料亭三昧の生活をしたとしよう。贅沢(ぜいたく)は成功者の証だ。彼の体からは油がにじみ出るようになり、触れるもの全てに手の跡が残るほどであった。やがて年老いて病気になることは避けようがなかった。

 健康の秘訣は粗食とされる。戦後の日本人は油を摂(と)るよう促された。全国各地を回ったキッチンカーでは炒め物の調理法が教えられた。そうして肉・牛乳・卵が日本人の健康を蝕んだ。これが癌の原因である。また牛乳を飲むのようになってから骨粗鬆症が現れたことも銘記しておく必要がある(カルシウム・パラドックス)。

 創価学会は長らく貧乏人と病人の集まりと蔑(さげす)まれてきた。だが実はそこにこそ創価学会の本領があった。高度経済成長を背景に正本堂供養で集まった金額は355億3600万4309円(海外信徒分含まず)となった(1965年〈昭和40年〉10月9~12日)。当初の計画では30億円を集める予定であった。桁違いの嬉しい誤算といってよい。ここから創価学会は変貌する。票とカネが目的と化した瞬間に広宣流布は止まってしまった。

昭和40年の1万円を、今のお金に換算するとどの位になりますか?
大卒初任給の推移
平成24年賃金構造基本統計調査結果(初任給)の概況
過去70年近くにわたる消費者物価の推移をグラフ化してみる

二階俊博幹事長に一喝される宮崎岳志




築地市場の豊洲移転問題

 当事者も出ていて一番わかりやすい。田嶋陽子は左翼言論人。さすがに75歳ともなると歯切れの悪さが目立つ。企業批判・反原発を盛り込むのが左翼の論法だ。東京都議会も刷新すべきだ。小池新党と日本維新の会がタッグを組めばよい。


おときた駿公式ブログ

2016-09-26

男系天皇(万世一系)


万世一系

民進党・宮崎岳志の下劣な野次