2016-07-09

参院選を引き金に公明VS共産のガチンコバトルの第2ラウンドが始まった 山口那津男代表も戦闘モード全開に!

 公明党は今回の参院選で、24年ぶりに兵庫と福岡で、9年ぶりに愛知でそれぞれ候補を擁立し、選挙区では過去最多となる7人全員の当選を目指す。

産経ニュース 2016-07-08

2016-07-07

平和憲法

三宅洋平









 三宅洋平のマクロビ、EM菌、ホメオパシーを嘲る創価学会員のツイートも散見されるが、ニセ科学 vs. 宗教の構図は目糞が鼻糞を笑っているようにしか見えない。

投票日に18歳

7.3 学会本部前サイレントアピール


 除名になる際は録音・録画を忘れるな。それにしても音が悪すぎだろーよ。

「勇気をもらいました」






 他人の勇気にただ感動してみせるのが臆病者の勇気か。「本人の言葉よりも、そのファンの発言に付いていけないんだ」。池田のファンについても同様だろう。動画に女優の木内みどりが出てきてびっくり。

2016-07-06

母の学会入信を告白した後の著者の舌鋒の激しさ

「ゲンダイ・ニッポンの真相」斎藤貴男著

 左翼の著書を左翼が書評し、左翼メディアに掲載するという左翼の組体操か。ま、創価学会の手口も似たようなものだが(笑)。

教義改訂の裏で一儲けしようとした連中



 リンク先は犀角独歩氏のmixiらしい。金儲けを企んだかどうかは不明。

2016-07-04

国会議員の2015年分の所得等報告書を公開

五逆罪に関する疑問

組織の論理

 創価学会は組織主義である。本来であれば信心根本なのだが、組織につかなければ正しい信心をすることはできないとの論法である。和合僧=組織と改竄することで、学会本部や組織に異を唱えることを五逆罪のレベルにまで引き上げた。

 前にも少し書いたのだが五逆罪は尊属殺と同じ概念で、個人的には全く重視していない(五逆罪と尊属殺)。むしろ子殺しの伝統を認めているようで違和感すら覚える。あのプーラン・デヴィですら、身内には手を掛けることができなかった。不殺生戒は正しいと思うが、殺父(しぶ)・殺母(しも)と取り立てて別枠にする必要はあるまい。結果的にカースト維持を促進するように思う。

 大体、設定そのものがおかしいだろう。父・母・阿羅漢以外を殺せば五逆罪とならないわけだから。殺阿羅漢は社会的損失を意味しない。サンガ(和合僧)は出家(脱社会)集団であるゆえに。破和合僧も「犀(さい)のようにただ独り歩め」との教えと整合性がとれない。

 五逆罪を犯せば地獄に堕ちるとされるが、要は悟りを開けないということなのだろう。ところが三逆罪を犯したデーヴァダッタ(提婆達多)は『法華経』提婆達多品第十二で天王如来となることが予言される。はっきり言って滅茶苦茶である(笑)。尚、クマーラジーバ(鳩摩羅什)訳の妙法蓮華経に「提婆達多品」は存在しない。

 以下に具体的な事件を挙げる。私はいずれも正当防衛であると考える。

板橋両親殺害事件
大阪産業大学付属高校同級生殺害事件
南幌町家族殺害事件
南幌町母・祖母殺害事件まとめ
矢板・実父殺し事件
尊属殺人罪(刑法200条・親殺し)が消えた理由
18歳の時に実の親父殴り殺したけど質問ある?

 特に最後のリンクは殺害後の苦悩が赤裸々に綴られていて人の心の不思議を思わずにはいられない。

 毎年、50人前後の子供たちが殺されている(子ども虐待について 統計データ)事実を思えば彼らはサバイバーである。よくぞ生き延びたと称賛したい。

 小林節は「自分であれば新しい池田教をつくる」と語ったが、池田教・創価教から離れない限り滝川さんの悩みは解決し得ない。師匠=善、組織=善との思い込みが瞳を曇らせるのだ。私からは鹿野武一〈かの・ぶいち〉の言葉を贈ろう。


石原吉郎詩文集 (講談社文芸文庫)

2016-07-03

創価学会員による人格攻撃

 創価大学有志の会が「安保関連法に反対する学者の会」の一員として立ち上がったのは、2015年8月15日でした。翌日には取材を受け、「創価」の人間が立ち上がったと大々的に報道されました。その反動はすさまじいものでした。ネットでは、私たちの「主張」ではなく「人格」を攻撃する人たちが、心を引き裂くような言葉を浴びせかけてきました。主に公明党の熱心な信奉者からでした。

日記:「元創価大非常勤講師 安保法制反対 その4カ月後に…」、『しんぶん赤旗』日本共産党中央委員会、2016年06月28日(火)付。 - Essais d’herméneutique

 勝手ながら太字で強調した。一人では何もできない有象無象の創価学会員が、組織をバックにした途端、強気になる。こうした村における村八分のような情況は以前から全国各地に見られた。敵認定→一斉に叩くという図式が共産党とそっくりだ。ファナティックな反応が造反有理に引っくり返ることも十分あり得る。創価学会内部で文化大革命が起これば、裁かれるのは現執行部である。出よ、創価の毛沢東!(笑)

創価学会への入会を考えている皆様へ

都知事選はすでに勝負アリ!小池百合子の驚くほど見事な“作戦勝ち”

読み始める

キッチン日記―J.クリシュナムルティとの1001回のランチ初期仏教の思想〈上〉 (レグルス文庫)法句経講義 (講談社学術文庫)結局は自分のことを何もしらない―役立つ初期仏教法話〈6〉 (サンガ新書)なぜ仏像はハスの花の上に座っているのか 仏教と植物の切っても切れない66の関係 (幻冬舎新書)言葉はなぜ生まれたのか言葉の誕生を科学する (河出文庫)カウンセリングの理論エンカウンタースキルアップ―ホンネで語る「リーダーブック」川はどうしてできるのか (ブルーバックス)はじめての支那論 中華思想の正体と日本の覚悟(幻冬舎新書)裏切りの民主党創価学会・公明党スキャンダル・ウォッチング