2016-05-21

君が代を歌わない政治家

 ミッキー安川さんは、RFラジオ日本で人気番組を何本かもっていた。そのうち深夜に放送される「朝まで勝負」では、深夜0時の時報が鳴るとともに、ミッキーさん、スタッフとゲストが全員立ち上がり「君が代」を斉唱する。この番組に筆者が初めて出たとき、ミッキーさんがこう言った。

「あんたクリスチャンだよな。俺の番組では『君が代』を歌うけれど、問題ないよな」

「問題?」

「いや、歌いたくないならば、無理しなくていいから。ただ起立だけはしてほしいんだ」

「ミッキーさん、僕は日本のキリスト教徒ですよ。『君が代』を歌うのは当たり前じゃないですか。キリスト教徒だからこそ、目に見えないものに対する畏敬の念をもっています。天皇様の弥栄(いやさか)をお祈りするのは、当たり前じゃないですか」

 それを聞いて、ミッキーさんはにっこり笑った。そして、こう言った。

「政治家でも『君が代』を歌わない人がいるんだよ」

「誰ですか」

「例えば、菅直人さんだ。この番組のゲストで来てもらったんだけど、『君が代』は歌いたくないと言うんだ。俺は、それはわかったから、俺たちが『君が代』を歌う間は、立っていてくれと頼んだ」

「それでどうなりましたか」

「ちゃんと立ってたよ。ただ、俺は菅さんの態度は立派だと思うんだ。自分の信念で『君が代』を歌いたくないと思うならば、歌わないというのは、周囲の雰囲気に合わせて、ほんとうは歌いたくないと思っているのに、義理で歌うよりは政治家としてずっと誠実だよ」

 ミッキーさんは、寛容と多元性を尊重する日本の保守思想を体現した人だった。それだから、菅直人氏の「筋の通し方」を尊重し、かつ評価したのだ。

 内閣総理大臣は日本国家を政治的に体現する。菅氏も総理として「君が代」を唱うことになると思う。それは、「君が代」が国家であると法律に定められているからだ。しかし、菅氏の世界観において、「君が代」はどういう位置を占めているのだろうか?

佐藤優の地球を斬る:「畏敬の念」欠く新政権に不安 2010年6月7日

 国歌を歌わない者は左翼である。国家転覆を目指すのが左翼。

2016-05-19

二元性を超える

忘れ得ぬ交流
・二元性を超える

 スピリチュアル系でノンデュアリティ(非二元)という言葉が持てはやされている。かつてニューエイジの特徴としてホリスティック(全体論的)とトランスパーソナル(超個的)が挙げられた(『現代社会とスピリチュアリティ 現代人の宗教意識の社会学的探究』伊藤雅之、2003年)が、同じ種類の一元論と考えてよかろう。特に異論はないのだが、その雰囲気に嫌悪感を覚える。目の前で「ノンデュアリティ」と言われたら、唾を吐きかけるかもしれない(笑)。

 先に紹介した若者の経験は二元性を超えた瞬間をありありと伝えるものだ。不思議なことだが彼のお母さんもまた「目覚めた人」であった。

 思考が人と人とを分断する。信念・政治信条・愛国心そして宗教が更に分断を助長する。人はアイデンティティを確保する目的で集団に参加する。組織にいれば安全だ。何にも増して自分という存在を認めてもらえる。そのようにして人は組織に依存し、今度は組織が人を束縛する。

 クリシュナムルティは二元性を超えるあり方を「ただありのままを見よ」と教えた。我々の眼は条件づけで歪んでいる。見た瞬間に価値判断が加わる。それまで目の不自由であった人が初めて見るように見ることは難しい。

 カルマは時間の過程であり、現在を通って未来へと動く過去である。この鎖は思考の運動なのである。思考は時間の結果であり、そして、思考の過程がやんだときにのみ、不可測なるもの、永遠なるものがありうる。精神の静謐(せいひつ)は、何らかの修行または規律によって引き起こすこと、もたらすことはできない。もし精神が静め【られる】なら、そのときには、何が生まれ出ようと、それは単なる自己投影物、記憶の応答にすぎない。その条件づけの理解、思考と感情としてのそれ自身の応答についての無選択の気づきとともに、精神に静謐が生まれ出る。このカルマの鎖の打破は、時間の問題ではない。なぜなら、時間によっては、永遠なるものはないからである。

【『生と覚醒(めざめ)のコメンタリー クリシュナムルティの手帖より 2』J・クリシュナムルティ:大野純一訳(春秋社、1984年/新装版、2005年)】

 サンニャーシ(修行僧)がクリシュナムルティにカルマ(業)を問う。「このカルマの鎖の打破」とは因果の打破であろう。因果応報は時間の過程であるが、因縁生起は瞬間である。

 科学にとっても宗教にとっても最後の課題は「時間」であるというのが私の持論である。科学は相対性理論や量子力学などを通してその真相に迫りつつある。既に時間は連続するものとして考えられていない。時間は5.391×10の-44乗秒(プランク時間)という粒が切り取り線のように断続しながら進む。

 時速100kmで走るクルマ同士が擦れ違えば、相手のクルマは200kmの速度として勘定される。時速100kmで走るクルマが同じ方向を走ればスピードはゼロである。ところが光の速度は擦れ違おうと、同じ方向に向かおうと秒速30万kmで変わることがない。16歳のアインシュタインはふとこう考えた。「もしも自分が光の速さで飛んだら、鏡に顔は映るのだろうか?」と。顔が反射する光が鏡に届こうとしても、乗っている光の速度で相殺(そうさい)されるのかどうか、との疑問である。それから10年後、26歳となったアインシュタインは光速度不変の原理から特殊相対性理論を導き出す。

 光に時間は存在しない。光は年もとらない。光は常に新しい。ここに瞑想・観察・止観を解く鍵がある。悟りとは時間における特異点なのだろう。

 我々の網膜には光の反射が映る。そうではなく自分自身が光となって対象を捉えるなら「見るものは見られるもの」となる。二元性を超えるとはこのことである。

現代社会とスピリチュアリティ―現代人の宗教意識の社会学的探究生と覚醒(めざめ)のコメンタリー 2―クリシュナムルティの手帖より

2016-05-18

忘れ得ぬ交流

・忘れ得ぬ交流
二元性を超える







 折伏していた友人があろうことか本尊流布の前日に亡くなってしまう。しかも事件に巻き込まれて。紹介者の彼は長年に渡って懊悩(おうのう)してきた。その苦しみを推し量ることは難しい。彼は私のツイートを見て「雷が落ちた」と記した。このやり取りを経てからメールでの交流が続いた。彼はクリシュナムルティを読み、自己観察をし続けた。そして2年が経ち不思議な経験をする。

 ある大学病院のロビーで車椅子の中年女性が叫び声を上げた。そばにいた医師が慌てふためく。彼は彼女を見て全てを完全に理解した。彼は彼女であった。彼はナースに向かって「筆記用具と紙を」と指示した。中年女性は震える手で「苦しい」と書いた。彼女は呼吸困難に陥っていた。彼は静かに語り続けた。彼女を落ち着かせ、2分ほど合わせるようにして呼吸を誘導した。女性は眠るように落ち着いた表情を見せた。彼は自分のなすべきことがありありとわかった。気がつくと二人を囲む職員と外来患者の多くが呆然と立ち尽くしていた。

 その経験を振り返って彼は「一瞥に至った」と表現した。意識が空白となり思考は消え去った。自分まで消えた。時間も存在しなかった。ただ行為が流れていた。静謐(せいひつ)の中に慈悲があった。彼は「ありのまま」の世界を見た。

 箇条書き程度の内容しか紹介していないのでわかりにくい部分もあろうかと思う。ただ、この手の話は通じる人だけに通じればよい。

 尚、ツイッターでのやり取りは5年前なので現在の私の考えとは異なる。人間ってのはね、どんどん変わるもんだよ(笑)。

北海道5区を勝利に導いた公明党 参院選での密約をとりつける

「告示前に自民党が行った世論調査で、公明党支持者の多くが苦労人の池田氏を支持していることが判明しました。焦った執行部は創価学会にテコ入れを要請。幹部らは全国の婦人部を動員し、選挙区の学会員に電話をかけ続け、21日までに大半を和田支持に変えていきました」(与党関係者)

『週刊新潮』2016年5月5・12日ゴールデンウイーク特大号

 創価学会はその見返りに埼玉選挙区と兵庫選挙区の協力を取りつけた。まとめられる票が犬にけしかけられる羊を思わせる。誰かに決めてもらわねば投票すらできないのだろう。創価学会は衆愚を証明する。戸田は「青年は心して政治を監視せよ」と語ったが、予算を読み解ける創価学会員はいない。