2016-04-30

雨乞い

廃墟時計




「廃墟時計」をデスクトップの壁紙にする

2016-04-29

情報の読み解き方



 人は知らないことを言われると信じてしまう。で、人は知っていることよりも知らないことの方が圧倒的に多い。信の裏側に無知が存在する。読書の危うさもここにある。活字情報は信憑性(しんぴょうせい)が一段高いため、疑うにはそれ相応の知識が求められよう。新聞に書いてある嘘を見抜ける人は少ない。

 ここに相反する情報がある。ネット上には悪意のないデマが氾濫(はんらん)している。ツイッターの場合だと、まずツイートの年月日部分をクリックしてリプライ(返信)を見てみる。それだけでも情報の明度が変わる。上の投稿者は「ステージ」(進行度)と「グループ」(腫瘍の性質)を誤記している。不正確な言葉で構築された論理は始めから破綻(はたん)していると考えてよい。

 そうでありながらも最初の投稿のリツイート数が多いところに情報リテラシーの問題がある。たぶんロキソニンという薬は広く知られているのだろう。

 後の投稿者がツイート引用ではなく画像で紹介したのは不毛な議論を避けたためか。

 体験に重みがあるなら、あらゆる健康食品のマルチ商法は正当化できてしまう。

 科学者は、体験談を証拠とはみなさない。

【『なぜ人はエイリアンに誘拐されたと思うのか』スーザン・A・クランシー:林雅代訳(ハヤカワ文庫、2006年)】

 そして宇宙人に誘拐されたアメリカ人は400万人もいる(『本当にあった嘘のような話 「偶然の一致」のミステリーを探る』マーティン・プリマー、ブライアン・キング、有沢善樹、他訳、アスペクト、2004年)。体験はバイアス(歪み)に彩られている。相関関係を因果関係と誤って認識しているケースが多い(擬似相関)。

 相反する情報を吟味するところに情報を読み解く鍵がある。

なぜ人はエイリアンに誘拐されたと思うのか (ハヤカワ文庫NF)本当にあった嘘のような話 (アスペクト文庫)




【追記】5月1日


 削除したということは誤った情報を発信した自覚があるのだろう。にもかかわらず、この言い草である。飽くまでも自分の非を認めようとしない態度が、「痛い信者」を彷彿(ほうふつ)とさせる。

読み始める

2016-04-28

賢い人は邪悪な者を避ける

前田健さん死去

2016-04-25

元号否定の志位氏、東大先輩の山口氏に「私は(昭和)48年入学」

 志位氏「(公明党は)結構、わが党の質問に『黙って聞け』といったヤジを(発してくれている)」

 市田忠義共産党副委員長「特に(共産党の)仁比(聡平)君の質問のときは、山口代表はいつも『頑張れ』と言っていただいて。弁護士仲間でね」

産経ニュース 2016-04-14

 イデオロギーの違いを声高に主張するのではなく、人間としての共通点を語れば歩み寄れる。だがそうした関係性を本丸である創価学会は断じて許さないことだろう。創共協定(1974年)も創価学会側からの仕掛けであった。

衆院補選 北海道5区は自民 和田義明氏が当選

NHK

断念





 6年前の投稿である。今は死に方すら問題ではないと思っている。

2016-04-24

フードファディズム

 フードファディズムなる言葉を最近知った。特定の食べ物や栄養が健康を左右すると過大に信じることで、疑似科学もどきといってよい。テレビ番組「発掘!あるある大事典」( 関西テレビ)で納豆のダイエット効果が放映されるや否や、日本中のスーパーで納豆が品切れとなった。後に捏造が発覚し、番組は打ち切られた(2007年)。ファディズム(のめり込み)とファシズム(全体主義)は音もさることながら行動もよく似ている。私は近頃、玄米食・自然塩・無添加味噌に凝(こ)っているのだが、だからといってマクロビオティックを支持しているわけではない。「これさえ食べれば健康になれる」との思い込みは、「これさえ信じれば幸せになれる」という錯覚と似ている。すべての宗教は「信仰ファディズム」といってよいのではないか。そして現代社会では宗教に取って代わって「科学」や「マネー」が新たなファディズムとなりつつある。「フードファディズム」という言葉を日本に紹介した高橋久仁子(群馬大学教授)の本を読んだ。極めて科学的・合理的な批判を展開しているが、そんな彼女ですら自分の足元が見えていない。そもそも栄養学は科学なのか? 摂取カロリーは100%燃焼する前提となっているが証拠はあるのか? 戦後、栄養学が推進してきた動物性蛋白質の摂取は正しかったのか? 結果的に癌患者を増加させたのは栄養学者ではなかったのか?――などなど疑問はいくらでも出てくる。

「食べもの神話」の落とし穴―巷にはびこるフードファディズム (ブルーバックス)

読み始める

台湾創価学会、熊本地震に1000万円寄付 外交部が感謝

 外交部の李澄然・常務次長は20日、台湾創価学会(台北市)の林廷鋒・執行長らと面会し、政府を代表して同団体から熊本地震への義援金300万台湾元(約1000万円)の小切手を受け取った。

フォーカス台湾 2016-04-23