2016-04-16

創価学会にまつわる事件の衝撃的な真相

「たまげる」は漢字だと「魂消る」と書く。いや、本当にぶったまげたよ。魂が消えるほど驚いた。単なる雑文ではない。民事訴訟で提出された陳述書のため、作り話と斥(しりぞ)けるのは軽率であろう。以下に要点を示す。

朝木明代市議転落死事件の真相は、創価学会の最高幹部から朝木議員を脅すように命じられた暴力団員2名が誤って転落させたもの。
横浜捨て金庫事件の1億7000万円は中西個人のものではなく、返還前に沖縄で集められた財務のお金だった。
・創価学会はオウム事件にも関与している。

 いずれも最高幹部の証言である。その他にも、

・会長辞任後、「創価学会の資産はすべて池田家のものです」と書いた書面に署名させた事実。
・池田が外遊する際は同行者一人につき100万円の封筒を渡し、手荷物として持ち出すよう指示。(外国為替法違反)
・池田の資産はタックスヘイブン(租税回避地)にある。
・野崎勲は自宅で死亡していたにもかかわらず、藤井富雄が救急車を手配し慶応病院に運ばれた。
・和田公雄創価学会海外相談部長による殺害示唆。

 以上は高倉良一(香川大学教授)による陳述書である(白バラ通信 パンドラの箱:創価学会池田カルト一派との裁判シリーズ その135)。高倉(※著名人と判断して敬称略)は元公明党代議士であった福本潤一(党副幹事長、党四国方面副議長、党愛媛県本部顧問などを務めた)との関係を疑われ、妻に渡した日記6冊(1000ページ)を創価学会に押収(おうしゅう)された。これを巡る民事訴訟である(訴状)。

 矢野絢也が手帖を奪われたのと同じ構図である。池田の猜疑心(さいぎしん)はスターリンもかくやと思わせるほどの凄絶を極め、側近幹部は池田の歓心を買うべく喜び勇んで査問に精を出す。そのザマがこれである。さしたる問題もない創価学会員を次から次へと敵に育て上げているのだ。

 野崎至亮〈のざき・よしゆき〉は勲の実兄で、昭和から平成に至る長期間に渡って創価学会の教学面を支えてきた最高幹部の一人である。『教学研究』に掲載された野崎論文を読んで私は初めて十界互具を理解することができた。「池田の『私の釈尊観』『私の仏教観』などの野崎勲、野崎至亮などの教団イデオロギー担当幹部との一連の対談集」と宮田幸一も記す(内村鑑三の日蓮論について)。

 創価学会の犯罪性・不法性といえば世間の人々は言論出版妨害事件(1960年代末~1970年代にかけて)を想起するだろうが、大阪事件(1957年)や狸祭り事件(1952年)なども検証が必要だろう。

2016-04-13

熾烈なスキャンダラス合戦

 そこで、正木グループは、谷川副会長が千葉県を担当して際の女性スキャンダルを暴露したのですが、谷川グループは池田博正副理事長がブラジルに行った際の女性スキャンダルを明らかにしたそうです。

 かつて、和田公雄元海外相談部長が興奮した面持ちで、「髙倉さん、池田大作創価学会名誉会長の相手をした女性の人数を知っているかい。」と言われたことがあります。その時の具体的なやり取りは、私の日記の中に書いてあります。

白バラ通信 パンドラの箱

 前段は風聞っぽいが、後段は直接聞いた証言である。

2016-04-12

374919事件

谷川のスキャンダル これだけは絶対にダメなんだ
谷川佳樹次期会長の374919事件とは?

 他人のことを口汚く罵る前に自分の心配をしてはどうか? 解任された男子部長のケースは飽くまでも倫理的な問題であるが、谷川が行ったことが事実であればこれは完全な犯罪である。「真のケダモノ」と言ってよい。脛(すね)に傷を持つ者が会長となれば、いざという時に自民党がどんな揺さぶりをかけてくることか。尚、私はこの事件について何も知らない。事件名の374919が何を意味するのかもわからない。知っている人がいたら教えて。

2016-04-11

池田名誉会長が「ケダモノ!」と激怒した超エリート幹部の「ハレンチ解任劇」

『週刊新潮』2005年8月4日号
『慧妙』H17.8.1
この記事を「週刊新潮」に書かせたのは広報室のOだよ。

 ・犯罪・不祥事の履歴

 さて、「ゲラゲラ笑われている」のはどちらだろうか? 尚、池田はこの会合の席上で被害(?)女性の実名を挙げている。

 強い心の絆で結ばれた信仰の世界であるがゆえに、相手は幹部を信頼し、学会を頼って相談してくれるのである。その“心”を絶対に裏切ってはならない。その意味で、個人のプライバシーを守れない人は、仏法者として「失格」である。
 私も、多くの方々からお手紙をいただき、実に様々な報告も受けている。しかし、他人に言うべきでないことは、一度たりとも口にしたことはない。

第8回全国婦人部幹部会 1989-09-06 創価文化会館

 自語相違とはこれなり。

2016-04-10

病人を嘲り笑う創価学会首脳

恩知らずの末路

弓谷●だから恩知らずの悪党も、みな厳しい末路じゃないか。あの竜年光も、病気でぶっ倒れたまんま。

谷川●おまけに裁判でも立て続けに敗訴している。

原田●藤原行正も、埼玉あたりに引きこもったまま、影も形も見えない。

青木●もう身体はガタガタだという噂だな。

弓谷●極悪ペテン師の山崎正友のやつも病院通いだ。裁判のたびに"自分は毎週、透析を受けているから、手かげんしてくれ"と裁判官に泣きついている(大笑い)。

原田●そのうえ山崎は、20数件もの裁判を抱えている。"裁判地獄"で身動きも取れない。

谷川●それにまた、山崎の子分の原島。あいつも、ずっと病院暮らしだ。最近も"オレは頭の神経の病気にかかっている"と自分で書いたチラシを配って、ゲラゲラ笑われているようだ(爆笑)。

原田●もう、今の青年部は名前も知らないだろうが(笑い)、裏切り者の福島源次郎。こいつも、業病で苦しみ抜いて死んだ。

座談会8 栄光の学会創立75周年 第2部 破折ある限り組織は伸びる/聖教新聞 2005年7月8日

 もう十数年前になると思うが、スピーチの途中で池田が突然、秋谷に向かい、「山崎はどうした?」と訊(き)いた。秋谷が後ろを振り返ると直後に山崎尚見(ひさみ)が「ハイ」と起立した。「違うよ、良輔だ!」とイライラした口調で応じた。秋谷は「今、病気で……」と答えた。マイクが音声を拾わなかったため私は「入院中なのか」と思った。聞き取れないやり取りがニ言三言(ふたことみこと)あった後で、池田は「だらしがないな!」と吐き捨てるように言った。

 今知ったのだが山崎も既に物故した模様。

どうして創価学会の幹部は友人葬で弔われないんですか?

 原田の発言については「福島源次郎の大牟田発言について」とよくよく比較してもらいたい。

 彼らの発言はそっくり自分たちにはね返ってくる。ひょっとすると彼らは長らく不在の池田を「ゲラゲラ笑っている」のかもしれない。

読み始める

ブッダが説いたこと (岩波文庫)五重塔 (岩波文庫)金色夜叉 (新潮文庫)

「アメリカ小麦戦略」と日本人の食生活粗食のすすめ (新潮文庫)じょうぶな子どもをつくる基本食 (講談社+α文庫)

福島源次郎の大牟田発言について

 今思えば、全てが狂っていました。当事者のほとんどが、異常感覚に陥っていました。それから3年過ぎた(昭和)57年、その当事者の一人であった原田副会長が、「北條会長の生前のノートなどの資料を詳細に調べていくなかで、宗門問題を引き起こした元凶を福島さんだと考えていたのは明らかに間違いであることが判った。申訳ない」と私に陳謝しました(4月28日、文化会館1階の応接室で)。しかし当時の私に侮辱ともいえる暴言を吐いて詰問した他の数人の幹部は、謝罪どころか一言のあいさつさえすることなく、今日に至っています。

【『蘇生への選択 敬愛した師をなぜ偽物と破折するのか』福島源次郎(鷹書房、1990年)以下同】

「会長辞任申出の前から、すでに猊下は学会に対してじつに厳しい態度で臨んでいられた。君の大牟田発言はその中での引火線にはなったが、会長辞任は長い歴史の流れの中での一連の出来事であり、この責任が君だけにあるのでは決してない。大きい流れの問題であることが、今よく判った。私たちの分析が甘かったし、間違っていた。宗門への姿勢も悪かった」(北條浩理事長、昭和54年4月23日)

 福島の手記によれば、山崎正友が日蓮正宗を焚(た)きつける材料として利用したとのこと。大牟田での会合参加者から学会本部に対して抗議の声が挙がったが封殺された。

聞き書き4.24

 茶坊主長谷川の話を鵜呑みにしてしまい、故福島氏に対し心よりお詫び申し上げます。長谷川が大牟田発言を蒸し返したのは1994年のことと記憶する。この男は「創価の宦官(かんがん)」ともいうべき人物で、原島嵩の離反~池田会長失脚の間隙を突いてポスト原島の地位をせしめた。後に信平問題の処理に失敗して第一庶務を外されたが、副理事長を経て理事長にまで登り詰めた。唾棄すべき幹部は山ほどいるが谷川・長谷川が二大巨頭だ。