2016-03-12

兵糧攻め


 安保法案反対署名を立ち上げた一人の、さのじゅんさんが兵糧(ひょうろう)攻めに遭っている模様。彼はユーモリストである。現実を突き放す視線がなければユーモアは生まれない。たぶん兵糧攻めはとっくに覚悟していたことだろう。もちろん創価大学が雇い止めしたのは単なる偶然の可能性もある。だが、よりによってこのタイミングだ。誰しも兵糧攻めと思わざるを得ないだろう。

 アカデミックの世界から何らかの反対意見を表明することは社会を健全に保つ営みである。まして参議院が良識の府として機能していない(党議拘束で縛られるため)現在においては不可欠といってよい。学問の世界はまだ政治よりもきれいな世界であろう。いくらかの功名心があったとしても、単純な利益だけを追求しているわけではない。例えば福島の原発事故を通して、賛成派から宗旨替えをした武田邦彦や西尾幹二などを挙げることができる。「君子は豹変し、小人(しょうじん)は面(おもて)を革(あらた)む」(『易経』革卦〈かくか〉)という。本性が変わらぬところに小人の小人たる所以(ゆえん)がある。

 創価学会の周辺から聞こえてくるキーワードは査問・戒告・処分・活動停止・役職解任・除名・粛清……そんなのばっかりだ。静かに、だが確実にスターリニズムの風が吹き始めている。

 創価大学の学生諸君はどのように受け止めるだろうか。あるいは受け止めないのか。若き日に残したシミのような汚点は年を重ねるごとにその大きさを増してゆく。清濁併せ呑むのは40代になってからでも遅くはない。

2016-03-11

福島民報

新学生同盟


 新学同は知っていたが新宿騒乱に連帯したのは知らなかった。三島由紀夫が決起するきっかけとなった事件である。

 ちょっと待てよ。新宿騒乱は1968年だから辻褄が合わない。

1969(昭和44)年10/19 【学会】全協が発展し「新学生同盟(新学同)」結成される。代々木公園での結成大会に7万5千人が参加。(新学同として極秘に共産党・民青の調査を開始。)以下詳細略

価値[再]創造


 これは小樽問答から続く伝統か。野次の仕込み。

あの日(2011年3月11日)を伝える東京新聞

未活動会員を退会に至らせた創価学会員による嫌がらせ

かっぱさんの退会秘話

(※タイトルを訂正した。リンク先ページも変更した)未活動会員会員宅前に創価学会員が犬の糞を捨てているとの証言である。何度も書いてきた通り、創価学会に入ることは「争いごとの世界に巻き込まれる」ことを意味する。彼らは裏切り者に対しては犯罪的行動をあっさりと容認する。トラブルや事件に発展するのは時間の問題であろう。もしも私に対して行われれば確実に相手を半殺しにするだろう。ひょっとすると殺してしまうかもしれない。腕っ節に自信のない人は必ずビデオ撮影や録音をしておくこと。

東北復興

続報

震災孤児の後見人の男、約4200万円横領の疑いで再逮捕(宮城)


班目春樹が暴露する菅直人の傲慢





2016-03-10

「緒方貞子さんが語る ルワンダの教訓」だってさ(笑)

ルワンダ虐殺から20年 緒方貞子さんに聞く(NHK)

「緒方貞子さんが語る ルワンダの教訓」だってさ(笑)。

 この本は、殺戮されたおびただしい人びとに代わっておこなう【魂の叫び】であり、権力にしがみつこうとする人びととは想像上の差異を有するという理由で、マチェーテ〔山刀〕で切り裂かれた人びとへの鎮魂である。またこれは、典型的な冷戦期の平和維持部隊のための規則書(ルールブック)では想定されていなかった課題に直面し、有効な解決法を見出すことができなかった一人の司令官の物語である。あたかもその懲罰であるかのように、自分の部隊の何人かが命を落とすのを、一つの民族集団を絶滅させようとする試みを、胎内から出てきたばかりの子供が殺されたのを、薪のように積み上げられた無数の手足を、陽の光にさらされて腐ってゆくばらばらにされた死体の山を、私はこの眼で見たのだ。

【『なぜ、世界はルワンダを救えなかったのか PKO司令官の手記』ロメオ・ダレール:金田耕一訳(風行社、2012年)】

 当時、国連で難民高等弁務官を務めていたのが緒方貞子であった。彼女はルワンダの大虐殺を傍観しただけではない。虐殺者に人道援助まで施したのだ。どうやら緒方の辞書に「良心の呵責」という言葉はないようだ。

 映画『ホテル・ルワンダ』でニック・ノルティが演じたのがロメオ・ダレール役である。原書は2003年に刊行されカナダでベストセラーに。翌2004年、虐殺事件から10年後の追悼式典に出席するためルワンダを再訪をした(動画参照のこと)。

 カナダ軍の中将であったロメオ・ダレールはルワンダからカナダに帰国後、自殺未遂をしている。快適なオフィスで働く緒方貞子とは住む世界が違うのだろう。






なぜ、世界はルワンダを救えなかったのか―PKO司令官の手記

ルワンダ

東京大空襲の日


 あの夜にかぎって
 空襲警報が鳴らなかった
 敵が第一弾を投下して
 七分も経って
 空襲警報が鳴ったとき
 東京の下町は もう まわりが
 ぐるっと 燃え上っていた

 まず まわりを焼いて
 脱出口を全部ふさいで
 それから その中を 碁盤目に
 一つずつ 焼いていった
 1平方メートル当り
 すくなくとも3発以上
 という焼夷弾
〈みなごろしの爆撃〉

 三月十日午前零時八分から
 午前二時三七分まで
 一四九分間に
 死者8万8793名
 負傷者11万3062名
 この数字は 広島長崎を上まわる

 これでも ここを 単に〈焼け跡〉
 とよんでよいのか
 ここで死に ここで傷つき
 家を焼かれた人たちを
 ただ〈罹災者〉で 片づけてよいのか

 ここが みんなの町が
〈戦場〉だった
 こここそ 今度の戦争で
 もっとも凄惨苛烈な
〈戦場〉だった(「戦場」 昭和43年8月)

【『見よぼくら一戔五厘の旗』花森安治〈はなもり・やすじ〉(暮しの手帖社、1971年)】

「一戔五厘」(いっせんごりん)とは当時の葉書の料金で、「兵隊は一戔五厘の葉書でいくらでも召集できる」ことに対する花森の異議申し立てであった。「一戔五厘の旗」はボロ布を縫い合わせた乞食旗(こじきばた)で、花森は「暮しの旗だ」と主張した。

 焼夷弾という名称は知っていても実態を知る人は少ない。3月13日には大阪も空襲に遭(あ)った。

 知ってますか、焼夷弾(しょういだん)ちゅうのは空中で一ぺん炸裂(さくれつ)し、1発の焼夷弾は70発の焼夷筒に分裂して地上に叩(たた)きこまれてくるのです。それも、前の爆撃機がまず油を撒(ま)いて飛ぶ、そのうしろからB公(B29)の大編隊がぐるっと市街地を包み囲んでその外側から焼夷弾を落していく……無差別のみなごろし爆撃ですわ。
 それに、焼夷弾は叩けば消えるから必ず消せ、と軍や役所からきびしく教えこまれていました。みんな必死でその通りにした。気がついたときは、1000度を超える高熱の、逃げ場のない焔(ほのお)の壁にとり巻かれていたのです。こんな殺生(せっしょう)なはなしがおますか。まるで、B29と日本の軍・官が共謀して大阪市民をなぶり殺しにしたようなもンでしょう。

【『今日われ生きてあり』神坂次郎〈こうさか・じろう〉(新潮社、1985年/新潮文庫、1993年)】

 日本人は焼き殺された。沖縄戦では洞窟という洞窟を火炎放射器が襲った。これらの武器はナパーム弾や白リン弾へと進化する。「焼き殺す」のは、やはり魔女の火刑に由来するものであろう。つまり罪深き者として神の火で焼かれるのだ。

 人間が人間に対して行なったことには限度というものがありません。人間は人間を拷問にかけ、火あぶりに処し、殺害し、可能な限りの方法で宗教的、政治的、経済的に食いものにしました。それが人間が人間に対して行なってきたことです。利口な人がぼんやりした人、無知な人を食いものにします。

【『学校への手紙』J・クリシュナムルティ:古庄高〈ふるしょう・たかし〉訳(UNIO、1997年)】

一戔五厘の旗今日われ生きてあり (新潮文庫)学校への手紙

公正取引委員会が新聞社に「押し紙問題」で宣戦布告


2016-03-08

広宣流布の思考実験

 もしも国民全員が創価学会員になれば、日本は中国と化すことだろう。

2016-03-06

読み始める

ドル消滅 国際通貨制度の崩壊は始まっている!中国・ロシア同盟がアメリカを滅ぼす日―一極主義 vs 多極主義隷属国家 日本の岐路―今度は中国の天領になるのか?日本自立のためのプーチン最強講義 もし、あの絶対リーダーが日本の首相になったら日本人の知らない「クレムリン・メソッド」-世界を動かす11の原理無縁社会 (文春文庫)老人漂流社会漂流老人ホームレス社会 (朝日文庫)日本の15大財閥―現代企業のルーツをひもとく (平凡社新書)日本の地方財閥30家 知られざる経済名門 (平凡社新書)

かつての創価学会青年部も今は昔… 様変わりする公明党の若手候補と、強まる井上幹事長の存在感

 ベテランの議員秘書は「青年部にも優秀な人材はいる。ただ、政治に関心はあっても自分がバッジを着けるんだという意欲まではない」と分析する。

産経ニュース 2016-03-05

 こいつは馬鹿なのか? 秘書風情がどうしてこれほど思い上がった見方ができるのか不思議だ。「自分がバッジを着けるんだという意欲」があれば直ちに組織内で問題視され、役職が上がることはないだろう。既に何度も書いてきたが、創価学会は学会員から政治家になる自由を奪っているのだ。例えばお笑い芸人の桜金造が2007年の東京都知事選に出馬した。それまでは本部幹部会などで池田から直接声を掛けられていた金造だが、その後聖教新聞で見ることはなくなった。学会本部の意向に歯向かう者は必ず組織内部で飼い殺しの目に遭う。

 産経記事は公明党候補が学会組織からではなく、官僚や弁護士などの経歴が重視されている様変わりを指摘したものだが、私は民主制よりも貴族制(エリート主義)を支持する考え方なのでこれに関しては異論がない。

波動水



検索

公明党 立ち位置は「改憲」

 公明党の漆原良夫中央幹事会長は3日の記者会見で、憲法改正に関する公明党の立ち位置について問われ「護憲か改憲かと言われれば改憲に属すると思う」と述べた。公明党が改憲勢力の一角であるという認識を示した。

毎日新聞 2015-03-04

創価学会85周年創立記念日11・18に内部分裂の「不穏な動き」

 実際、先の安保法制議論でも集団的自衛権反対派の正木理事長は、谷川副会長をはじめとする賛成派に完全に押し切られてしまった。

『週刊実話』2015年11月19日号