2016-03-04

創価学会の末期的な症状

除名なう(その後訂正)


 青年部が立ち上がって「君側の奸」を討て! 速やかに創価維新を決行せよ! 一つの事件が起これば、一人の犠牲者が出れば学会本部の創価エリートは震え上がることだろう。口先だけで正義を標榜する輩は去れ! 即死するまで攻めぬけ!(笑)

 糞執行部に付き従うのは糞会員だけだ。執行部が地獄行きであれば、全創価学会員は与同罪を免れない。その罪を恐れよ!

【続報:3月5日】


 尚、私の文章は訂正しない。「会員との接触禁止、会合への参加禁止」を総県(あるいは方面)執行部が命じることができるならば、学会活動は仏道修行ではない。やり方が共産党とそっくりだ。創価学会は戸田以来の指導主義を捨てて、査問主義・処分主義・除名主義に傾きつつある。

2016-03-03

カルト





創価学会って、なぜフランスでカルト認定されたのですか?

2016-03-02

高市外相の電波停止発言を巡る動き

 一昔前とは完全に流れが変わってきている。やはり原発事故の影響であると思うが、国民のメディア不信は深刻なレベルに達しているのだろう。
















電波停止発言に抗議するジャーナリスト

2016-03-01

憲法9条は幣原発案で確定はしてない

2016-02-29

野たれ死ぬまで攻めぬけ


 平成16(2004年)年11月18日付の聖教新聞「寸鉄」のようだ。日蓮遺文だと「責める」だが意図的に漢字を換えたのだろう。「青年よ」だってさ(笑)。全創価学会員は「会長よ」と思っているぞ。まずは副会長クラスから法華講の樋田氏と対論をしてはどうか?

震災孤児の後見人の男、約4200万円横領の疑いで再逮捕(宮城)


続報

2016-02-28

民主+維新の新しい党名



読み始める

生と覚醒のコメンタリー―クリシュナムルティの手帖より〈2〉斬 (文春文庫)幕末最大の激戦 会津戦争のすべて (新人物文庫)