2016-01-30

世界市民と国連中心主義

左翼に関する覚え書き
・世界市民と国連中心主義

「世界市民と国連中心主義」は創価学会と朝日新聞が好むキーワードである。朝日新聞の場合は「われらの祖国ソビエト」的な主張が隠されているのだろう。一方、創価学会の場合は東京裁判史観に便乗する格好で、戦前を軍国主義と位置づけ、東条英機による憲兵政治を国家悪と捉えることで、創価学会幹部の逮捕を美化した。「反戦・平和」というスローガンもそっくり左翼の受け売りである。かような視点に立って『小説 人間革命』を再読すれば、いくらでもその証拠を見つけることができるだろう。

 つい数年前まで「左翼・右翼という分け方にもう意味はない」と多くの人が思っていた。私もその一人である。ところがそうではない。特に左翼の場合、イデオロギーに基づくため歴史認識が決定的に異なるのだ。そして戦前戦後の日本をマルクス史観で読み解くことに一定の成功を収めた。しかしながら明治維新を単純な階級闘争で解くことはできない。なぜなら攘夷派も開国派も尊王・勤王という一点は共通していたからだ。

 創価学会が反天皇制を掲げたことはないが、かといって尊王の精神があるわけではない。ただ明らかなのは「尊王に対する不作為」であろう。

 日本という国家の成り立ちが『古事記』というフィクションに基づくのは確かだが、天皇陛下を中心に国家がまとまったのは歴史的事実である。ここに日本の特殊性がある。「始めに天皇ありき」なのだ。時に天皇は政権に利用されながらも、その命脈が途絶えることはなかった。

 私は日教組が強い北海道で育ったため天皇陛下のことなど眼中になかった。それが一変したのは東日本大震災のことである。被災者を慰める陛下の姿に感激を抑えることができなかった。自由といい平等といっても国家が与える(=保障する)ものだ。たぶん人類のコミュニティが国家を超えることはないだろう。国家が消失すれば歴史や文化も失われる。

 もちろん思想信条は自由だから、天皇制打倒を目指す人がいてもよかろう。ただその人たちが日本の歴史や文化を葬り去ろうとする企てを見抜く必要がある。

 側近幹部の前で池田は「オレは天皇よりも偉いんだ」と発言している。

2016-01-28

「言葉と、生きていく」聖教新聞




谷川●ところで、この座談会や寸鉄などについて「言葉遣いが強すぎるのではないか」「犬畜生とか、表現が差別的ではないのか」と心配する声が、たまにあるな。

原田●最近は、みんなよく分かってきて、ずいぶん少なくなってきたが(笑い)。

秋谷●だいたい「差別」と言うなら、あの信徒差別の日顕宗だ(爆笑)。

青木●その通りだ。文句があるなら、まず日顕宗に言ってもらいたい(大笑い)。そもそも、日蓮大聖人の御書は全編、これ「正義の怒り」だ。「悪への破折」じゃないか。それはそれは厳しい言葉で仏敵を呵責されている。

谷川●たとえば、このように仰せだ。
「蚊(か)蚋(あぶ)蝦蟆(がま)の法師なり」
「蝙蝠鳥(へんぷくちょう)のごとし鳥にもあらず・ねずみにもあらず」
「梟鳥禽(きょうちょうきん)・破鏡獣(はけいじゅう)のごとし」
「牛羊よりも劣り蝙蝠鳥にも異ならず」等々。

弓谷●「当世牛馬の如くなる智者どもが日蓮が法門を仮染(かりそめ)にも毀(そし)るは糞犬が師子王をほへ癡猿(こざる)が帝釈を笑ふに似たり」等とも仰せだ。

【聖教新聞 2005-07-08付】

 文脈を無視した意図的な切り文であることについては「善無畏三蔵抄」に記してある。私は折を見て主要な学会批判本を読んできたが、その下劣さにおいて聖教新聞の紙上座談会にまさるものは一冊もない。ま、谷川某はここまで言い切ってしまったわけであるから、同じ目に遭うことはきっと覚悟しているのだろう。「悪口にまみれて、生きていく」聖教新聞。

人を嫌ったり、非難したりすることを自分に与えられた特権だと信じている人


 創価学会、日本共産党、在特会……。