2016-01-02

宗教とフィクション


 フィクション(虚構)には力がある。私の世代が小学生で野球を始めたのは『巨人の星』(TVアニメ版)の影響が大きい。日本でプロサッカーリーグが誕生したのは『キャプテン翼』の功績といってよい。

 もともと物語は老いから若きへと「語り」を通して伝承された。人々は物語によって人生の規範や社会のルールを学んだ。グーテンベルクの印刷革命がマスコミュニケーションを可能にし、メディア革命はラジオ~映画~テレビ~インターネットと変遷を遂げた。

 フィクションの目的は「感情の操作」にある。喜怒哀楽を揺さぶり、カタルシスを与えることで社会に対する不満を解消する作用がある。現在では「パンとサーカス」のサーカスに該当するものが殆どだ。

 後期仏教はヒンドゥー教の復興に対抗するべく「仏教の物語化」を図った。これが私の見解である。つまり日本仏教はフィクションの上に成り立っているのだ。

池石戦争」によって創価学会における師弟関係も単なる作り話であることが判明した。さすがの私も驚愕した。

 大衆はいつの時代も物語を求めている。そして事実は歪められ、強者に都合のよい歴史が綴られる。例えば明治維新前後や大東亜戦争前後で世の中は一変した。いわゆる従軍慰安婦問題や南京大虐殺もフィクションである。本多勝一が『中国の旅』で紹介した「百人斬り競争」も新聞記者が捏造したフィクションであった。

 結局のところ外務省による放置・不作為が日本の国益を損ねるに至ったわけだが、こうした外務省の体質はGHQの占領下に形成されたものだ。外務省の官僚は殆ど公職追放されることなく、マッカーサーの手足となって働いた。その後、追放された党人派が自民党に復帰し、吉田茂率いる官僚派と熾烈な闘争を行う。

 話を元に戻そう。一神教はすべてフィクションである。


 スッタ(sutta)は「糸」という意味ですが、それよりも英語のフォーミュラ(formula)という言葉の意味がふさわしいかもしれません。フォーミュラは数学でいえば「式」という意味です。哲学や文法を語る場合も、まず「式」を作ってから語ることは、インドではよくあるやり方なのです。

【『原訳「スッタ・ニパータ」蛇の章』アルボムッレ・スマナサーラ(佼成出版社、2009年)】

 真の宗教は数学のように単純で、そして美しい。

原訳「スッタ・ニパータ」蛇の章

2015-12-31

宗教と救済

 日本の宗教で最も行動的なのは、やはり創価学会とエホバの証人であろう。運動性や理論構築は断然、創価学会の方が強い。私もかつて40回ほどエホバとやり合ってきたが完膚なきまでに打ち負かしている。ただし信仰の純粋性においてはエホバが優る。宗教の目的は救済にある。では創価学会とエホバの証人に救いはあるだろうか? ないね。断じてないよ(笑)。創価学会には役職=組織の目標が課され、エホバには伝導の時間というノルマ(エホバの証人の組織構造 > 全時間の奉仕者)が課されている。よくいえば労働集約型宗教で、悪くいえば宗教的軍隊である。つまり救済が労働対価と化しているのだ。救いがない証拠としてストレスの大きさを挙げることができよう。すっきりしているのはノルマを果たした一部の構成員に限られている。彼らは一般社会と下位集団(サブカルチャー)の二重基準を生きる羽目となり、一般人よりも課題が多いため精神的に行き詰まりやすい。創価学会の場合、比較的リーダーとして優秀な人物が多いが、ほぼ100%の割合で家庭が破綻している。すなわち家族の犠牲という形でストレスが現れているのだ。私が尊敬する幹部で幸せそうな家族を見た例(ためし)がない。一方のエホバについては家庭生活まではわからぬが、家族全員がエホバでなければ衝突は必至である。しかも彼らの教条主義は創価学会の比ではない。というわけで、行動的な教団に救いはないと申し上げておこう。

 最後に一言。ブログをまともに更新しない理由は、批判に情熱をかけることができないためだ。個人的にはこの数年で完全に見切りをつけたわけだが、声高らかに他人を説得しようとは思わない。人生は自分のものだから、それぞれが好き勝手に生きればよい。っていうか、各人が自由に選択して生きているわけだから、誰かが茶々を入れる必要もあるまい。私としてはちょっとばかり異なるコースを歩んできたので、自分の現在位置から見える景色を綴ってゆくだけのことだ。

 それでは一年間、ご愛読ありがとうございました。創価学会の皆さんも、エホバの皆さんも、よいお年を。

筆跡に見る創価学会とエホバの証人