2015-10-03

語録

 戸田が一念三千論を説き始めるのと同じくして創価学会の金庫番だった池田大作が幹部として力をつけ台頭してくる。戸田は池田大作が創価学会の財政を立て直した手腕を認めていたが、その強引な経済活動や池田自身の性格の悪さは他の学会員から反発や批判を招いた。また池田が創価学会第一庶務課の女性会員と不適切な関係を続けていたことから女性会員のなかには池田を「不潔」と呼び毛嫌いするものもいた。そのため池田を戸田は「徘徊者」「始末屋」などと呼び「池田は金儲けや私心しかない」と批判、戸田は財政(経済)と宗教は切り離して行うべきという考えから池田の学会内での席次を低くし、重要ポストに就けなかった。そればかりか戸田が池田に私心を持たず性格や女性関係を改めるよう諭したこともあった。

【「池石戦争 > 池田大作の台頭と大阪事件」より】

 ソースは不明だが後に第一庶務の女子部が除名になっているとの別記事が信憑性(しんぴょうせい)を高めている(※ただし「第一庶務課」の有無が気になるところだ)。もともと戸田自身がカネと女にルーズであった。小説『人間革命』では戦前の借金をきれいに返済した主旨のことが書かれているが真っ赤な嘘である。身内からの借金は1円も返していない。時習学館時代にはあまりの放蕩ぶりに怒った女性従業員が戸田の頭をフライパンで殴ったことがある。その戸田から諭されたのだから単なる色恋沙汰でないことは明らかだろう。月刊ペン裁判では裸で仁王立ちとなった池田の前に、まだ女子学生だった渡部通子がひざまずいていたとの証言がある。尚、原島嵩〈はらしま・たかし〉が主張する池田の女性問題はほぼ全てがデマだ。彼が実際に目撃したのは池田のステテコの股間付近に口紅が付いていたことだけで、行為そのものを目撃したわけではない。

 それにしても弟子を「徘徊者」「始末屋」呼ばわりするのは尋常なことではない。私なんかでは推し量ることも無理だ。

 こうした歴史が事実であるか否かを検証するのは難しい。ただ近年の聖教新聞や『潮』における石田次男矢島周平批判は晩年に至った池田の不安を雄弁に物語っていると思う。

来夏参院選 福岡「与党で2議席目指す」 公明、女性元外務官僚を公認

 公明党が福岡選挙区に公認候補を擁立するのは24年ぶり。(産経ニュース 2015-10-02

語録

「戸田先生は本当に石田(次男)がお気に入りだ。石田には次々と地位を与えるが、私はいつも尻拭いだ。でも実際の力は私が上。石田には人望はあるが、人をまとめられるだけの力量がない。まあそのうちわかる」(池田大作)

「池田はもうだめだ。(※大阪事件で)有罪になってもならなくても、学会のため、池田を斬らなければならない時が来る。彼には学会の金勘定を任せてきた。そのおかげで学会の経営は安定したが、(池田が)その気になれば金に物を言わせて学会を思いのままにすることもできるほどの力を持ってしまった。私が一言破門と言えば池田は自分と気が合う仲間と学会を割るだろう。そうすれば私は獄中で死んでいった牧口先生に何といってお詫びをすればよいのか」(戸田城聖)

「戸田先生は良い時に死んだな」(池田大作)

 以上、「Wikipedia > 戸田城聖 > 人物 > 池田大作との関係」より。

2015-10-02

サイゾー関連の創価学会記事

 企業情報を辿ると全部サイゾーが運営するサイトであることがわかる。特定の芸能人(久本、柴田か?)への攻撃が目立ち、記事の内容も週刊誌程度のゴシップものが多い。何となく誰かの意向が働いているように感ずる。尚、サイゾーのオーナーは苫米地英人であるが編集には一切タッチしていない。

選挙シーズンになると“意外な”動きを見せるアノ宗教家芸人
松本人志が霊能者をニセモノだと気づいた瞬間が秀逸!
学会員、党員、番記者に聞く公明党"禁断"の選挙戦略(前編)
学会員、党員、番記者に聞く公明党"禁断"の選挙戦略(後編)
池上彰だけが治外法権!? 誰も触れない、テレビ業界の「鶴タブー」!!
"エンタメ界の黒幕"民音が操る創価学会とタカラジェンヌの蜜月

安保法制強行採決にもいいなり! 公明党=創価学会に平和主義を捨てさせた内部抗争

 水面下で動いたのは、かねてより菅義偉官房長官と太いパイプのあった東京の創価学会本部の佐藤浩副会長(広宣局長)だったという。
 佐藤は関西での維新と公明党の全面戦争を避けるため、菅と密かに会談し、公明党への対立候補擁立を止めるよう、維新を説得してほしいと頼み込んだというのである。創価学会が安倍や菅ら官邸に“借り”をつくった瞬間だった。
 このことの意味は小さくなかった。年明けから始まる安保法制をめぐる与野党協議の公明側の代表は北側が務めることになっていた。その北側が、官邸の助けを借りてなんとか当選できたということなのだ。そして、このお膳立てをした創価学会の佐藤は、次期会長の有力候補、谷川事務総長の右腕といわれ、昨年の集団的自衛権行使容認閣議決定をめぐる与党協議でも菅とのパイプを使って暗躍したといわれている人物なのである。

リテラ 2015-07-18

2015-10-01

戦争法案を強行した戦犯たち~手を貸したのはこいつらだ!

 今回の戦争法案強行に協力した筆頭は、何と言っても公明党だ。 アベ暴政のブレーキ役どころか、アクセルと化して突き進み、立憲主義と民主主義の蹂躙に手を貸した。おかげで創価学会の信者から大不信と猛反発を買う結果になった。

 戦争法案への疑念には耳を貸さぬが、軽減税率についてはうるさく自民党に注文をつけている。やはりイノチよりカネが大事な現世利益の集団だ。よく学会員は名誉会長の信念とは違うと言うが、何でもこのセンセイの鶴の一声で決まるのに、最後まで何も言わなかったところ見ると、「人間革命」の平和理念も怪しいもんだ。

牧子嘉丸のショート・ワールド(24)

2015-09-29

法前仏後

 科学を中心とする学問が進歩するのは方法論が確立されているからである。小室直樹が仏教は法前仏後でキリスト教(≒アブラハムの宗教)は神前法後であると指摘。更に根本的な違いは因果説と予定説にあると喝破する(『日本人のための宗教原論 あなたを宗教はどう助けてくれるのか』小室直樹、2000年)。眼から鱗が落ちた。どっさりと。卓越した見識が私の蒙(くら)い部分を啓(ひら)いた。

 本尊はモノである。今風に言えばオブジェクトだ。三大秘法はこれを構造化したものと捉えることができよう。いずれにせよ本尊も三大秘法も日蓮自身も「法後」であることは確かだ。

 久遠元初の自受用報身如来なんてのは大日如来の焼き直しであろう。実在したブッダから懸け離れて「神格化した仏」を目指したのが本仏論である、というのが私の推測だ。

 また小室直樹は日本社会の諸問題の原因は元をたどれば「形骸化した憲法」に行き着くと鋭く見抜いた(『日本人のための憲法原論』小室直樹、2006年)。社会(国家)と憲法のあり方は教団と教義に置き換えることが可能だろう。

 創価学会は2014年11月に「教義条項」を改正した(※「師弟不二ARCHIVE」を参照した)。そして「会則の教義条項改正に関する解説」が2015年1月29日付聖教新聞に掲載された。会員の目を逸(そ)らさせるかのように1面ではなく3面にしたことも覚えておくべきだ。内容はといえば支離滅裂の極みといった代物で、はたから見ると「逆ギレ」の様相を呈していた。まさに「突っ込みどころ満載」の解説で「長らく創価学会の首脳を務めてきたあんたの口がそれを言うか?」との思いを禁じ得ない。

 原田が解説で示した「聖人御難事」の“新解釈”は、日蓮正宗に対して散々日蓮宗諸派が指摘してきた内容であり、それを完膚なきまでに否定したのが池田の『聖人御難事講義』(『日蓮大聖人御書講義 第24巻』1974年)であった。あろうことか原田は池田を散々持ち上げておきながら、同じ文章で池田を否定するという愚挙を犯している。ま、あんまり興味がないのでこれ以上は触れない。

 教義は規範である。規範をコロコロ変える教団に待ち受けているのはアノミー(無規範、無連帯)だ(『危機の構造 日本社会崩壊のモデル』小室直樹、1976年)。今回の教義改正によって示されたのは「本尊よりも学会本部の判断が重い」という一点であり、学会員は行学によって培った判断力を放棄し、組織の指示に従うだけの大衆となってしまった。

 1984年1月、学会組織は大B(大ブロック)制から地区制に替わった。これを機に信仰体験は活動報告となった。そして信心よりも活動を重視してきた成れの果てが教義改正にまでつながっているのである。

2015-09-27

等覚寺雅道さん(rsd37264)

等覚寺雅道さんのMy知恵袋 回答一覧

財務について

財務について

 純真なる会員の学会活動において、現在最大に疑念を抱き、もっとも苦悩しているのは財務のことであります。昭和五十七年より事始まり、今年は五年目、毎年毎年何という暴挙の財務が行われ、そしてこれから何年続けるつもりなのでしょうか。

一、地区幹部は少なくとも十万円以上すべきである。そうしない幹部は個人指導せよ。
一、現在もっている預貯金全部を出すのは当たり前だ。それにどれ程上乗せするかが信心の戦だ。
一、各支部で十万円以上出す人を三十人以上作れ。
一、一口、二口しか出さない人は信心がない証拠だ。
一、支部内で百万円以上の大口を何人作るかが、支部長、婦人部長の戦いだ。
一、個人指導、家庭指導で三口以下の財務部員がいないようにする。

 このような指導(?)が、県・圏の幹部から公然と行われています。県(圏)で目標額が設定され、それが本部から支部に割振られ、それを目ざして支部幹部等が悪戦苦闘するという図式は、今や大半の県でなされているようです。納金日直前になると、各組織で各人の納金額読みをして、集金額予測を行い、最後の上積作戦を協議する姿もあちこちに展開されているようです。どこかの政党の票読みに似て何という醜状でしょうか。あるいは売上げ目標に向って社員にノルマを課し、頑張らせている企業の営業活動とどこが違っているのでしょうか。古くからまじめに励んできた幹部が(外部の批判者ではありません)自嘲気味に、「今や創価学会株式会社だからな」とぼやいている声は、恐らく先生のところには届いていないと思います。

“暴挙財務”の第一歩は、財務部員増加の啓蒙運動(五十七年度)から始まりました。土台このことからして本来の学会伝統の精神からはずれています。信心強盛なる会員で、報恩感謝の為に是非部員にならせてほしいと志願する人の中から、生活内容、家族の信心まで配慮して厳選し、部員任命を行うというあり方こそ学会の金銭に対する良心と良識を示すすばらしい一点でありました。それと、何が何でも百%の部員(五十七年度は七十%、遂には百%となる)を作るのとは、真向から相反する財務路線の転換です。多くのまじめな幹部は、この本部方針にまず首をかしげました。でも信心未熟な人や、夫が反対の婦人に対する啓蒙には、少なからぬ抵抗感と良心の呵責を受けつつも、やむを得ず部員にせざるをえませんでした。部員啓蒙は、ついには苦しまぎれに幼児、乳児にまでエスカレートしたところもあります。

「誠諫(せいかん)の書」福島源次郎

創価学会の内部よりの告発

創価学会の内部よりの告発

 おお、懐かしい。こんなものまで上がっているとはね。当時、全国の会館・聖教新聞販売店にファックス送信されたと私は聞いている。浅見失脚を仕掛けたのはT副会長だという根強い噂がある。

ネットに創価学会員の安保反対スレ 反自民の連帯進む見込み

週刊ポスト 2015年10月9日号

「スレッド」って、2ちゃんねるかよ?(笑)。

読み始める

国民の遺書  「泣かずにほめて下さい」靖國の言乃葉100選今日われ生きてあり (新潮文庫)月光の夏 (講談社文庫)最後の言葉 戦場に遺された二十四万字の届かなかった手紙 (講談社文庫)

『パル判決書』の真実日本の独立国富消尽―対米隷従の果てにニッポンの貧困 必要なのは「慈善」より「投 資」

日本共産党と中韓 - 左から右へ大転換してわかったこと - (ワニブックスPLUS新書)ポスト資本主義――科学・人間・社会の未来 (岩波新書)日本を貶めた10人の売国政治家 (幻冬舎新書)眠りなき狙撃者 (河出文庫)