2015-09-12

ひとりの学会員 “ヤマグチ”職員に署名渡す

 学会婦人部の女性は憤る。「(天野さんの動向を)涙しながらツイッターなどで読んでいた。よもやそこまでしないだろうと思っていたが、公明党はそれをしていた。選挙は公明党に絶対入れない。それどころか、落選運動をする」と。

田中龍作ジャーナル 2015年9月11日

 ほら。対応を誤るとこうなる。ま、三手詰めの問題だな。公明党本部は三手先まで読めないわけだよ。

イデオロギーから離れよ

七八〇 あるひとびとは議論しているあいだに、激昂(げきこう)し憎悪の心をむき出しにしてやっているということも、よく知られているし、あるいはまた、これこそが真理だと確執した心で議論していることも、よく知られている。ところがしかし、沈黙の聖者は、論争の場面が発生したときにも、論争にかかわりあうことがない。だからこそ沈黙の聖者は、いかなる点においても不毛なるところがない。
七八一 というのは、〔こうだと考える宗教的ドグマに〕ひかれる関心に引きずられて、自分が好きなようにドグマを固定化して固執し、自分の信念だけにおいて真理だと信ずることを主張してやまないひとが、どうして自分の抱懐するドグマをふみ越えることができようか。そのようなドグマを認識しておればこそ、そのようなドグマを主張することは当然のことであるからである。

【『スッタニパータ〔釈尊のことば〕全現代語訳』荒牧典俊、本庄良文、榎本文雄訳(講談社学術文庫、2015年/講談社、1986年『原始仏典 第七巻』「ブッダの詩 I」より「スッタニパータ(釈尊のことば)」を文庫化)】

「第四章」より。「あとがき」によれば第四章と第五章にはマガダ語の要素があり、パーリ語経典の中でも最古層と考えられているとのこと。参考までに中村元訳も紹介しよう。

七八〇 実に悪意をもって(他人)を誹(そし)る人々もいる。また他人から聞いたことを真実だと思って(他人を)誹る人々もいる。誹ることばが起っても、聖者はそれに近づかない。だから聖者は何事についても心の荒(すさ)むことがない。
七八一 欲にひかれ、好みにとらわれている人は、どうして自分の偏見を超えることができるだろうか。かれは、みずから完全であると思いなしている。かれは知るにまかせて語るであろう。

【『ブッダのことば スッタニパータ』中村元〈なかむら・はじめ〉訳(岩波文庫、1984年/岩波ワイド文庫、1991年)】

 タイトルも「憎悪についての八詩頌」「悪意についての八つの詩句」(中村訳)と微妙に異なる。中村訳についてはスマナサーラの批判があり、こうして見ると簡素な意訳であるように感ずる。

コスイギン「あなたの根本の思想は何ですか」 
池田「平和主義であり、文化主義であり、教育主義です。その根底は人間主義です」
コスイギン「この原則を高く評価します。この思想を私たちソ連も実現すべきです」(モスクワ、1974年

 もともと池田自身の言葉であるが、これを広く知らしめたのはSGI公認通訳の斎藤ベンツ・えく子であった。阿部vs.池田紛争直後の大学校運動で彼女は全国各地で講演を行った。

 対談そのものは池田の機知がコスイギンを納得させており友好を深めている。コスイギンとしては池田の宗教者としての顔を炙(あぶ)り出すつもりであったのだろう。コ首相の拍子抜けした雰囲気まで伝わってくる。が、しかしである。対談は評価するにしても、「平和主義、文化主義、人間主義」を外に向かって標榜するようになれば話はまた別である。

 現在、創価学会員による安保法案反対の動きが賑々(にぎにぎ)しく報道されているが、イデオロギー(主義)は衝突する傾向を有している。「我こそは正義」という錯覚が呼び覚ます情熱は暴力的ですらある(情熱)。

 もちろん署名活動やデモは「やむにやまれぬ心情」から行っていることであろう。しかしながら公明党や学会本部が今更反対に転じることは考えにくい。

 世界や世の中が複雑になればなるほど賛否が分かれる問題は多くなることだろう。その度に署名やデモを行うわけにもゆくまい。

 もともと創価学会員に宗教的信念をもつ人は少ない。「選挙ポスターを電柱に貼れ」と言われれば唯々諾々(いいだくだく)と指示に従い、「法華講との対論を避けよ」と言われれば肯(がえ)んずる。学会本部の意向に従わない者は裏切り者の烙印を押され、組織内での村八分が静々と行われる。妙観講大草講頭vs.佐藤浩・波田地の対論だって結局は実現せず、「逃げた」と言われても仕方のない情況をつくった。

 かつて絶対であった「本門戒壇の大御本尊」や「法主」を否定した我々である。昨日まで敵であった自民党と手を組んだ我々ではないか(笑)。今更何を恐れる必要があろうか。

 講談社本はこの文章の前段で「沈黙の聖者(牟尼)」と表記している。釈迦牟尼の牟尼だ。イデオロギー(主義)はドグマ(教条)に基づく。イデオロギーから離れることが正しい。「正義」が人を狂わせる。

スッタニパータ [釈尊のことば] 全現代語訳 (講談社学術文庫)ブッダのことば―スッタニパータ (岩波文庫)

2015-09-11

「天野さんは日顕宗になったのか?」



 冷たいところさ。「法華経を信ずる人は冬のごとし」ってくらいだからね(笑)。冬はそのまま氷河期となる。ま、案ずることはない。文京も山梨も大した組織じゃないから(笑)。旧第8総合だと目ぼしい幹部がいるのは台東のみ。20年前の話ではあるが。

 ついでなんで本当のことを一つだけ書いておこう。公明党や学会組織を批判する者は多いが、学会本部や原田・池田を直接批判する学会員はまずいない。だからいつまで経っても問題解決に至らないのだ。本気でやるなら「創価学会を二つに割ってみせる」ほどの覚悟が必要だ。

 それから公明党にも言っておくが、安保法案に反対する学会員の動きを軽んずると、やがてテロ要因になる可能性がある。署名も受け取らない、声も届かないとなれば実力行使を思い立つ者も出てくることだろう。破壊活動を未然に防ぐためにも、きちんと誠実に対応すべきだ。

2015-09-10

天野さんのツイート

学会員「安保撤回」の署名提出 公明党「会うことはない」

 公明党の対応は冷ややかだった。警備員が玄関前に立ちはだかり、「アポがなければお通しできません」と告げた。

 天野さんは事前に連絡していた公明党の職員に、その場から電話をかけたが、職員の対応は不誠実極まりなかった。

「署名を渡したい」とする天野さんに対してコジマと名乗る公明党の男性職員は「警備員に渡して下さい。それがイヤならお帰り下さい」と突っぱねた。

田中龍作ジャーナル 2015年9月8日

「愛知県から出てきた天野さんを出迎えたのは警備員だった」とキャプションにある。公明党はたった一人で訪れた壮年に恐れをなしたのだろう。それにしてもせめて日光警備ではなく女子職員を出すべきではなかったか。党本部トップの狼狽ぶりまで伝わってくる。「同志」という言葉が虚しく響く。創価学会において「異なる意見」をする者は敵対者と看(み)なされる。宗教組織に民主主義は存在しない。「信じたものが誤っていれば必ず不幸になる」というのが創価学会の論法である。であれば答えは簡単だ。公明党を信ずるべきではない。私はリハビリ難民を出した時点で公明党に見切りをつけた。

釈迦本仏論に非ず


 おお、そうだったのか。失礼した。音声ファイルも上がっているようだが、勝手に録音したものを本人に断りもなくアップロードする下衆ぶりがいかにも創価学会員らしい。他人のプライバシーをさらすのがネトガク(ネット学会員)の特徴である。何度も言うようだが「仏敵」呼ばわりされたくなければ入会しないに限る。かつて創価学会は白法隠没を誤読しブッダを完全否定していた。「古いカレンダーは現代の役に立たない」と。誤読に気づいたのは1990年代に入ってからであり、広宣部がその先駆けとなった。そこで過去の学会を謗法と断ずれば思想的な飛躍もあり得たのだろうが、そうはならなかった。松戸行雄の凡夫本仏論も学会としては無視した。僭越ながら私が答えを述べよう。本仏はブッダである。当たり前だそんなことは。しかしながらブッダは本仏思想を説いていない。「私を拝め」とも言ったことはない。むしろ「筏(いかだ)の譬え」を通して仏説にすら執着するなと教えた。つまり本仏思想はブッダの教えに背いているのである。久遠本仏というのは文字通り「仏の神格化」である。後期仏教(大衆部、大乗)は復興しつつあったヒンドゥー教への対抗思想であり、危機感を抱いた彼らはあろうことかヒンドゥー教的要素を巧みに取り入れた。後期仏教の本質はその密教性にある。平安仏教も東密(空海)と台密(最澄)で当初から日本仏教はブッダから離れていたのだ。

2015-09-08

大衆とインテリの違い

2015-09-07

安保法案:学会員、署名7000人集め 反対、公明党に直訴へ 愛知

 全国各地の学会員からは署名とともに「私も法案には反対ですが、病床のため活動できません。せめて署名だけはしたい」「学会幹部が怖くて反対運動ができなかった」などのメッセージが寄せられた。(毎日新聞 2015-09-06 東京朝刊

近代的合理精神の破綻

 世界中の心有る人々が、このような広汎にわたる荒廃を「何とかしなければいけない」と思いながら、いっこうに埒(らち)があかない。文明病という診断を下し眉をくもらせているだけという状況です。この荒廃の真因はいったい何なのでしょうか。

 私の考えでは、これは西欧的な論理、近代的合理精神の破綻(はたん)に他なりません。
 この二つはまさに、欧米の世界支配を確立した産業革命、およびその後の科学技術文明を支えた礎(いしずえ)です。現代文明の原動力として、論理・合理の勝利はあまりにもスペクタキュラー(劇的)でした。そこで世界は、論理・合理に頼っていれば心配ない、とそれを過信してしまったのです。

【『国家の品格』藤原正彦(新潮新書、2005年)】

 藤原は数学者で、新田次郎と藤原ていの子息。もともとエッセイには定評があったが、本書の大ヒット(265万部)で一躍時の人に。創価学会とも親交があり新著は必ず池田に届けていた。

 日本の近代史見直しの動きは1990年代から顕著となり、渡部昇一・谷沢永一・小室直樹・小林よしのりなどが狼煙(のろし)を上げ、「新しい歴史教科書をつくる会」となって結実する(1996年)。しかしながら本当の意味で国民的な広がりをもった理解に至らしめたのは本書であるといっても過言ではないだろう。

 藤原は海外生活を経てから「形」と「情緒」を重んじるようになったという。いずれもバブル景気に向かう中で否定されてきた価値観である。日本は敗戦というコンプレックスをはねのけるために経済一辺倒で進んできた。その経済が1990年から崩壊を始める。敗戦以来抱えてきた日本の矛盾・欺瞞はオウム真理教事件で頂点に至る。女子中学生・高校生による援助交際がはびこるようになったのもこの頃である。

 宗教における教義は合理性である。より多くの人々を結びつけるためには論理と合理を欠かすことはできない。だが論理と合理だけで人はついてこない。人生は計算とは別物なのだ。日蓮は情緒の人であった。否、激情家といってよい。

 私は「物語としての教義」を散々否定してきたが、物語を求める人々の心情や機根、はたまた文化的背景を軽んずるべきではないと思う。

 ただし創価学会員は合理性とは無縁である。「カネを出せ」と言われればカネを出し、「書籍や民音チケットを買え」と言われれば言われるがままに買い、新聞セールスや投票依頼までもが仏道修行とされ、「誰々は敵だ」と認定されれば一斉に口汚く罵るような人々である。ひょっとすると教義変更もそれほど影を落とさないかもしれない。教義よりも「群れ」効果による安心感を与えるのが宗教の役割か。

 尚、本書は講演が元となっていて砕けた調子だが、藤原が書いた本気の文章は宮城谷昌光著『花の歳月』文庫版の「解説」で知ることができる。

国家の品格 (新潮新書)花の歳月 (講談社文庫)

藤原正彦

2015-09-06

創価学会が更なる教義変更の可能性を示唆

【※記事見出しを変えた。断定調から緩やかに(笑)】

 日蓮本仏論を捨てて釈迦本仏論に変更する予定であることが「2015年度の日本宗教学会第74回学術大会」で発表された模様。詳細は不明。知ってる人がいたら教えて。

パネル 日蓮研究の現状と課題 代表者:小林正博
14:00–15:40 日蓮文書のデジタル化―日蓮諸教団共有の聖典づくりのために― 小林正博 東洋哲学研究所
日蓮の「三大秘法」思想について 前川健一 東洋哲学研究所
日蓮正宗教学の特質―正信会と創価学会の新教学創作の試み―花野充道 法華仏教研究会
学問的研究と教団の教義―創価学会の場合―宮田幸一 創価大
司会:前川健一 東洋哲学研究所

 ま、路線としては正しいのだが、急ハンドル過ぎてついてゆけない会員が続出することだろう。っていうか、「三代会長は永遠の師匠」ってのも、これで完全に「支障」と帰した。学会内部で二・二六事件が起こるかもね。さて、本尊はどうするのか? 今回の合理的な判断は必ず裏目に出ることだろう。

 宮田サイトへのアップを望む。


超重要! 投稿者:信濃町の人びと 投稿日:2015年 9月 6日(日)15時26分42秒 編集済

【緊急報告!!!】
昨日、創価大学で開催された「日本宗教学会 第74回学術大会」において、耳を疑う驚きの発表がなされた。
創価大学より代表として登壇した宮田幸一教授は、今回の学会の教義会則変更についての経緯を説明した上で、将来の計画として、創価学会は日蓮本仏論を捨て、釈迦本仏論に変更する準備をしていると発表した。
また、会合終了後の懇親会には宮田教授とともに原田会長、谷川事務総長らも参加し他門の学者等と和やかに懇談した。
発表の詳細は後日報告いたします。



宮田教授発言  投稿者:参加者 投稿日:2015年 9月 6日(日)17時27分25秒 編集済

宮田教授の発言は、あくまで研究者としての個人的な考えで、
可能性の一つとして有り得るとの見解でした。
又、可能性の全てを話していません。
しかも無理やりに振られた質問への答えでした。
研究結果(結論や主張)としての考えでは無いと受け止めました。

確かに教学部では頼りないので、東洋哲学研究所や宮田教授のような研究者に依存する事になるのでしょうが、昨年見切り発車して、中途半端な説明までやらかして、既に行き詰ってしまってからでは、論理的整合性をとるのが至難の業でしょう。
普通の研究者なら断るところでしょうが、さてどの様に進めるのでしょう。
宗教界の王者創価学会が宗教界から笑いものになるような事があってはなりません。

研究者の皆様、是非フィールドのプレーヤーにも話を聞いてみてください。

 以上は「宿坊の掲示板」より転載。

読み始める

モチーフで読む美術史 (ちくま文庫)働かないアリに意義がある (メディアファクトリー新書)科学の考え方・学び方 (岩波ジュニア新書)

ギリシア人ローマ人のことば―愛・希望・運命 (岩波ジュニア新書 107)生きていくための短歌 (岩波ジュニア新書)面白い本 (岩波新書)もっと面白い本 (岩波新書)