2015-08-22

「平和の党」公明の理念に反する 創価学会員視線厳しく 安保法案撤回署名が拡大

北海道新聞 2015-08-21

石原慎太郎×菅沼光弘

 石原慎太郎が4歳年上である。佐藤優とよく比較してもらいたい。菅沼光弘はまさしく国士である。インテリジェンスに通じた二人だが決定的な違いだ。私は菅沼の著書は全て読んできたが国士であるという一点がブレることはない。尚、菅沼がCIAに殺害されないのは山口組がガードしているため。戦後、東大を卒業しドイツに留学。ゲーレン機関(連邦情報局)で諜報教育を受ける。ラインハルト・ゲーレンにも一度会っている。









この国の権力中枢を握る者は誰か

2015-08-21

「信心が足りない」と村八分 学会員が戦争法案反対の署名集め

田中龍作ジャーナル 2015-08-21

牧口常三郎の異流義

 現に、出獄の2日後(20年7月5日)、戸田理事長は
「足を引きずりながら歓喜寮を訪ね、日淳上人に対して『申し訳ありませんでした。2年間、牢で勉強して、自分の間違っていたことがわかりました』といって平身低頭、深くお詫(わ)び申し上げ、さらに『これからは何もかも、お任(まか)せいたしますので、よろしく頼みます』」(日淳上人夫人の証言)
 と、お誓いしたとのことです。

「異流義めざした牧口氏」/『慧妙』H18.4.1

“仏敵”と罵倒…創価学会「安保反対サイト」に陰湿な嫌がらせ

日刊ゲンダイ 2015年8月20日




 創価学会への入会を考えている人はこうした事実をきちんと弁えること。ま、入会しなければ「仏敵」呼ばわりされることもない(笑)。ここまでは当初から十分に想定される範囲である。次に彼らのプライバシーを暴き立てることだろう。かつて仏敵呼ばわりされた公明党の政治家や上級幹部にまつわる女性関係は、すべて事後調査によるものであることを矢野絢也が手記で明かしている。「♪濁悪のこの世行く学会の」と力んで歌う前に、自分たちの瞳の濁りを自覚するのが先だろうよ。正論を吐く創価学会員は多いが胆力に欠けるため泣き寝入りする者が殆どだ。

2015-08-17

安保法案反対で署名活動…創価大教員も「違憲の疑いがある」

「安保法案は違憲の疑いがあるだけでなく、創価大学の建学の精神にも反します。創価大学はこれまでたくさんの公明党議員を輩出してきましたが、その公明党は廃案を求める我々の声にまったく耳を傾けようとしない。憤りを感じ、反対の姿勢を明確にしました」(呼び掛け人の一人、佐野氏)

日刊ゲンダイ 2015-08-14

創価教育同窓生有志が安保法案反対の声明を発表

EconomicNews 2015-08-16

2015-08-16

読み始める

臓器の急所―生活習慣と戦う60の健康法則 (角川SSC新書)宇宙生物学で読み解く「人体」の不思議 (講談社現代新書)日本の近現代史をどう見るか〈シリーズ 日本近現代史 10〉 (岩波新書)経費で落ちるレシート・落ちないレシート

島薗進がエールを