2015-07-31

読み始める

時間の図鑑時間と宇宙のすべて無の本 ゼロ、真空、宇宙の起源ホーキング 虚時間の宇宙―宇宙の特異点をめぐって (ブルーバックス)秘録 東京裁判 (中公文庫BIBLIO20世紀)台湾を愛した日本人(改訂版) -土木技師 八田與一の生涯-シッダールタ首斬り人の娘 (ハヤカワ・ポケット・ミステリ)きりひと讃歌 (1) (小学館文庫)きりひと讃歌 (2) (小学館文庫)きりひと讃歌 (3) (小学館文庫)

安倍政権は日米「安保コングロマリット」の操り人形だ - 塩田潮の「キーマンに聞く」【14:前編】平野貞夫(元参議院議員) - 塩田潮

【平野】創価学会の熱心の信者、特に婦人部を中心に、この法案にきわめて強い反対があるそうです。一方、創価学会では来年、会長人事があります。私に届いている情報では、これまで首相官邸に協力してきた会長候補の一人が、法案の反対論に非常に理解を示し始めているらしい。他方、自民党との協議の中心だった北側一雄副代表ら弁護士の国会議員は、創価学会の顧問弁護士の影響を徹底的に受けているみたいです。弁護士の山口那津男代表も、集団的自衛権の解釈改憲の反対論者でしたが、説得を受け、自民党との集団的自殺の道を選んだようです。

安倍政権は日米「安保コングロマリット」の操り人形だ - 塩田潮の「キーマンに聞く」【14:前編】平野貞夫(元参議院議員) - 塩田潮

2015-07-30

歴史的な「日中共同声明」調印の知られざる舞台裏


2015-07-28

池田名誉会長のノーベル平和賞が遠のく? 安保法案成立カウントダウンに公明党が揺れている!

「公明党議員としても“戦争法案”とも呼ばれている安保法案には賛成したくはないというのが本音。でも与党議員であるという特権や優越感は捨てたくないから自民との連立関係も大切にしたいというジレンマを抱えている」(自民党の大物OBであるA氏)

アメーバニュース 2015-07-27

 公明党が与党に執着するのは、池田の裁判対策と創価学会の税務調査を阻止する目的があるため。政策実現は二の次三の次だ。

安保法案:公明離れの学会員次々…自民と協調に「失望」

 愛知県武豊町の本村強町議(62)は創価学会員だが、公明党を離れ10カ月になる。「失望しました。平和の看板を掲げてきたのになぜだ、と」

 まだ党にいた昨年6月、集団的自衛権に反対する意見書案を共産党議員らとともに議会に提出し、自民系議員らを説得し、1票差で可決させた。これが後に反党的だと問題視されたが、信念を貫き離党。今春、町議選に無所属で出た。学会関係者に「あなたの個人票は(学会票の)2%だ」と警告されたが前回並みの得票で3選された。一部の学会員も陰で応援してくれたという。

毎日新聞 2015-07-28

 学会正義とは「査問」の異名か。

2015-07-26

映画にでてくる創価学会(日蓮正宗)

 いやあ、ネットには何でもあるね(笑)。ハル・アシュビー監督、ジャック・ニコルソン主演の『さらば冬のかもめ』という映画らしい。



さらば冬のかもめ [DVD]

会長勇退前の焦燥(新年勤行会 1977-01-01 東京・創価学会本部)


 ソースはカセットテープである。全国的に出回っていると思われるので、録音状態のよいものをアップしてもらいたいところ。私が初めて聴いたのは札幌の先輩宅でのこと。そこのお父さんは副支部長であった。同スピーチについては10年前に書いている。

学会の信心に無量の福運が

 だが一旦創価学会から距離を置けば、まったく違う風に聴こえてくる。昭和52年(1977年)といえば週刊誌で創価学会バッシングが行われた時期でもあり、会長勇退前の焦燥が伝わってくる。

 私ども地涌の菩薩は敢然として、まず大聖人様の遺命(ゆいめい)である正本堂の建立をしました。誰がしましたか、途中で。創価学会だ! わたくしがしたんです! そうでしょ?(会場から「ハイ」の返事)(4分20秒)

 777万7642名の創価学会員を中心とする供養の金額は355億円を超えた(正本堂建立)。それを「わたくしがした」と言い切ってしまう感覚が恐ろしい。池田はまだ40代であった。今聴くと政争のにおいしか感じ取れない。本質は暴力団の抗争と大差がないようにも思える。

 尚、動画タイトルは「創立45周年元旦表彰式」となっているが、『広布第二章の指針』では「新年勤行会」となっている。

読み始める

パール判事の日本無罪論 (小学館文庫)ゴーマニズム宣言SPECIAL パール真論新・ゴーマニズム宣言SPECIAL 戦争論新ゴーマニズム宣言SPECIAL戦争論 (2)戦争論争戦 (幻冬舎文庫)教科書が教えかねない自虐朝日新聞の正義―対論 戦後日本を惑わしたメディアの責任 (小学館文庫)サンカと三角寛(みすみかん) 消えた漂泊民をめぐる謎 (平凡社新書)借金の底なし沼で知ったお金の味 25歳フリーター、借金1億2千万円、利息24%からの生還記

安保法案「説明不十分」 公明支持層で94%


安冨歩

現実から離れてゆく「寸鉄」


 人民日報といい勝負だ(笑)。