2015-06-26

田中角栄


 今の若い人たちはもう田中角栄を知らないことだろう。私が当時を憶えている最後の世代に当たる。森田実のコメントが一々的を射ており小気味いい。言論出版妨害事件(1969年/昭和44年)の際、公明党首脳が自民党の幹事長だった田中に藤原弘達の説得を依頼。田中はこれに応じたが工作は失敗し、怒り心頭に発した藤原は舞台裏を暴露するに至った。尚、創価学会では「言論問題」と呼称し、法難と位置づけているが、実際は【創価学会が起こした事件】である。「過去にも出版に対する妨害は他でもあったが、流通過程にまで介入したのは出版史上初めての事であった」(Wikipedia)。

創価学会・公明党の言論出版妨害事件とは?
特集/「言論出版妨害事件」を再検証する
創価学会基礎知識・その19 「言論出版妨害事件」

 佐藤栄作首相の退陣記者会見は歴史的な映像で、メディアの力が新聞からテレビに変わった瞬間とされる。

 佐藤の跡目争い、資金力に物を言わせる手法、派閥分裂、そして病に倒れるまでの流れが池田と実によく似ている。

 竹下登は矢野絢也の依頼で、創価学会本部の税務調査を手加減するよう口利きをした人物である。その後、創価学会と公明党に裏切られた(『乱脈経理 創価学会 vs. 国税庁の暗闘ドキュメント』)。

 テレビ番組を鵜呑みにする危険性を防ぐために付言しておくと、田中角栄を葬ったのはCIAであり、ヘンリー・キッシンジャーであった。立花隆や堀田力はCIAからの資料提供を受けたに過ぎない。前にも書いた通り、キッシンジャーの逆鱗(げきりん)に触れたのは日中国交回復であり、もっと具体的にいうと日本が台湾を切り捨てたことにあった。周恩来は「日本にできて、どうしてアメリカにできないのだ?」とキッシンジャーに突きつけ、米中国交正常化は難航を余儀なくされた(1979年に実現)。

 検察は一国の宰相を外為法違反で逮捕した。そしてアメリカ側の証人は司法取引で罪は免れている。何をどう話そうが罪は問われないのだ。現在ではロッキード事件を冤罪と指摘する声も多い。

 角福戦争は田中が勝利を収めた。しかし後年、福田の秘書であった小泉純一郎が首相となり、郵政民営化という旗を振って旧田中派を完全に壊滅させた。小沢一郎の西松建設事件陸山会事件もこうした文脈で捉える必要がある。

 ロッキード事件で日本の政治家は震え上がった。アメリカに逆らうとどうなるかを見せつけられたからだ。

2015-06-25

闇サイト事件の死刑執行


島薗進・宗教学とその周辺

2015-06-24

集団的自衛権の行使容認はアメリカの意向


「数年以内に沖縄の米軍基地撤収もする」とあちこちで囁かれている。

2015-06-23

鈴木宗男

 小泉さんは、まず手始めに肉のハンナンという会社を摘発した。野中さんの政治資金源を断つためです。
 ハンナンは、もともと大阪府同和食肉事業協同組合から発展した会社です。同和問題というのは、いまでも日本の一種のタブーです。ご自身でも認めておられるように野中さん自身が同和の人です。
 このハンナンを裏から支えていた政治家として、車を提供されていた鈴木宗男さんとか、九州の何とかとかいろいろいわれているのですが、その一番の支援者は、これこそ野中さんです。その政治力で、ハンナンに対しては、大阪国税局もいまだかつて国税調査に入ることもできなかったし、警察も検察も、何もできなかったといわれています。

【『この国を支配/管理する者たち 諜報から見た闇の権力』中丸薫、菅沼光弘(徳間書店、2006年)】

 ここでの「ハンナン事件」は1987年の贈賄容疑ではなく、2001年から始まった牛肉偽装事件を指す。尚、食肉業界の闇は日本に限ったことではなくアメリカでも同様である(エリック・シュローサー著『ファストフードが世界を食いつくす』)。当時、ハンナングループは計60社、売上高は3000億円だった。

「九州の何とか」とは松本龍(民主党)のことだろう。


 社会を揺るがした大きな事件が、実は政敵を葬るための謀(はかりごと)であったというのだから実に恐ろしい話だ。マスコミも一切報じていない。菅沼は公安調査庁(※公安警察ではない)で第二部長を務め、共産圏の情報分析を行ってきた人物だ。「日本で最後のスパイ」とも呼ばれる。

 中丸薫女史はその筋では有名だが、簡単にトンデモ系と無視できないところがある。民間外交という点で見ても、創価学会の池田大作を凌駕する実績・人脈が窺える。

この国を支配/管理する者たち―諜報から見た闇の権力

2015-06-21

トレニア

 長年にわたる疑問が氷解した(笑)。商品名だったのね。

 一般的には花の名前ですが、オフィス家具の「ホウトク」という会社が出している、机のブランド名が「トレニア」だそうです。(トレニアって?

 創価学会のすべての会館で同商品が使用されているとすれば何らかの癒着構造があるのだろう。資金の潤沢な教団はコストを無視しがちだ。売り手側からすれば現金決済をしてくれるのだから、どんな要求でも受け入れるに違いない。そこに腐敗が生じる隙がある。