2015-06-13

福田ますみ著『でっちあげ』はでっちあげか?

 福田ますみ著『でっちあげ 福岡「殺人教師」事件の真相』(新潮社、2007年/新潮文庫、2009年)は新潮ドキュメント賞を受賞している。私も読んだが面白いノンフィクション作品であった。体罰教師とのレッテルをでっち上げたのが実はモンスターペアレントだった、という内容だ。本書は民事訴訟の一審判決後に刊行されたが、一審・二審ともに教師の不法行為が認定され、福岡市の賠償責任を認める判決となった。尚、二審では賠償額が330万円に引き上げられている。以下に関連リンクを紹介する。

福岡市「教師によるいじめ」事件
でっち上げで見にくい言い訳:福岡児童虐待教師
福田ますみによるフォロー記事:『でっちあげ』事件、その後

 公明新聞(公明党)は2007年8月3日付の「主張 モンスターペアレント問題 「子どもの幸せ」を第一に」 でこの問題を取り上げている。この記事では「原告側のねつ造が暴かれ、07年3月、原告敗訴が確定した。」「5800万円の損害賠償請求も棄却」などと事実に反する内容を掲載している。しかし記事で「原告敗訴が確定」と指摘した2007年3月時点でも、記事が書かれた2007年8月時点でも、裁判は控訴審で継続中だったので「確定」は事実に反する。また原告側(被害者)の捏造自体が存在しないので、存在もしない「捏造が暴かれ」ようもない。「原告敗訴」と称するものが2006年7月の一審判決のことを指していると解釈しても、同判決では林田によるいじめの事実関係も賠償も一部認められているため、「被害者側の捏造がばれて全面棄却された」かのように描くのは明らかに誤りである。

福岡市立小学校教諭の児童いじめ事件

 更には著者と教師が創価学会員であるという説まで浮上している。

林田真二の児童いじめ事件:あるブログ上でのコメントから

 真相はわからない。ただ、福田の著作が完全なデマであれば当然訴えられているはずだ。「2013年、福岡市人事委員会は『いじめ』の事実は認められないとして、懲戒処分を取り消した」(Wikipedia)。ますますわからなくなる。

でっちあげ―福岡「殺人教師」事件の真相 (新潮文庫)

日立製作所のマル秘事項

 日立のまる秘・事項の中に、(当時・・・創価学会の会員、在日、障がい者)のグループの人々を日立は、過去には、採用しなかったのである。

 このグループの人々の中には、今もそのことを知る人は少ないと思う。なぜなら、私は、朴さんの<日立就職差別裁判>の事を知ってから、創価学会の人に会うたびに、このことを訪ねてみると多くの人が知らないという。日立就職差別裁判の事を、もっと多くの人に伝え、更に、原発メーカー訴訟裁判の勝利に結びつけていきたいと思う。

多くの人に知ってほしい日立就職差別裁判(土田久美子)

2015-06-09

桑の木

 このころ、桑の木は神木で、「桑からなにが生れるか」と問われた者の十人中十人が、「日」(じつ)すなわち「太陽」とこたえたであろう。つまり太陽の数とは無限ではなく、十個あると考えられ、その一個ずつが、毎朝桑木から生れて、天に昇ると信じられていた。したがって、桑木とは太陽を生む木であり、そこから生れた児とは太陽でなくてなんであろう。

【『天空の舟 小説・伊尹伝』宮城谷昌光(海越出版社、1990年/文春文庫、1993年)】

 かつて絹織物で栄えた八王子は養蚕(ようさん)も盛んであった。「私が子供の時分は家の2階で蚕(かいこ)を飼っていて、夜になるとワサワサと音がしたもんだよ」という話を聞いたことがある。「そのワサワサってえのあ何の音なの?」と尋ねると、蚕が桑の葉を食べる音だという。八王子には桑都(そうと)という別名がある。「浅川を渡れば富士の影清く桑の都に青嵐吹く」(西行)。長らく「桑じゃ冴えないな」と思っていた。よもや神木だったとは。大洪水に呑まれる寸前に母親は赤ん坊の伊尹〈いいん〉を桑の木のうろ(空洞部分)に隠した。伊尹は紀元前1600年頃の人物。

天空の舟―小説・伊尹伝〈上〉 (文春文庫)天空の舟―小説・伊尹伝〈下〉 (文春文庫)

創価学会 菅氏を通じ橋下徹氏・松井一郎氏衆院選不出馬要求

「しかし池田名誉会長の不在で、秋谷前会長が復活していった。そうして学会本部の秋谷前会長を中心に、弁護士の八尋頼雄、自民党の菅官房長官に近い谷川佳樹、佐藤浩という学会の実力副会長のラインが主流を占めるようになっていったのです」

SAPIO 2015年7月号

2015-06-07

読み始める

決定版 国民の歴史〈上〉 (文春文庫)決定版 国民の歴史〈下〉 (文春文庫)日本文明の主張―『国民の歴史』の衝撃日本人としてこれだけは知っておきたいこと (PHP新書)日本の「敵」 (文春文庫)「悪魔祓い」の戦後史日本が戦ってくれて感謝しています アジアが賞賛する日本とあの戦争芸能人はなぜ干されるのか?夏姫春秋(上) (講談社文庫)夏姫春秋(下) (講談社文庫)

入決?

今日の公明新聞

潮出版社の反日史観

 1971年、72年という年にご注目ください。朝日新聞の「中国の旅」 連載と同時期、また「天皇の軍隊」 が月刊誌「現代の眼」に連載された時期とも一致しています。この頃は、日中国交回復が取りざたされ、創価学会の動きが活発であったことは、知る人ぞ知るでした。

 つまり、日本軍の悪逆ぶりが、これらのメディアによって一気に国民の目の前にさらけ出されたのです。そして、城野証言によって、600万?とも言われた創価学会員の歴史イメージに影響をあたえたのは間違いなく、また現在の公明党の歴史認識 に少なからずかかわっていたのだと私は考えています。

城野宏「証言」 「三光作戦」証言の信頼性

日本人は中国で何をしたか (潮文庫 (247))