2015-05-30

【ノーベル平和賞】 本当の見識とは ? (武田邦彦)



武田教授の眠れない講義 「正しい」とは何か?

遠藤文書にみる長谷川重夫(次期理事長候補)という人物について

裏切りの実態 54年が発端となった側近の面々の裏切りの実態

 首脳部の迷走ぶりが露呈している。以前は「P」(プレジデント)だった略称が最近は「CP」となっている。これ、何の略なのかね? 「遠藤文書には今の執行部の体質が如実にあらわれているが、かねてよりこうした実態はあった。丹治正弘が編集総局を支配しようとしていた折にも、報道部の相島が長谷川に相談したが、『私はね彼を信頼しているんだよ』と門前払い」との記述が目を惹く。

 上記ブログタイトルのような文書が飛び交っているが、これも鵜呑みにすべきではない。新手の「池田史観」ともいう代物で、宗教性・哲学性に鑑みた「正当性」ではなく、単なる王朝主義的「正統性」を巡るプロパガンダとなっていることに留意する必要があろう。

読み始める

逝きし世の面影 (平凡社ライブラリー)世界が語る大東亜戦争と東京裁判―アジア・西欧諸国の指導者・識者たちの名言集日本人を狂わせた洗脳工作 いまなお続く占領軍の心理作戦 (自由社ブックレット)

英国人記者が見た連合国戦勝史観の虚妄(祥伝社新書)右であれ左であれ、わが祖国日本 (PHP新書)日本人の誇り (文春新書)江戸へようこそ (ちくま文庫)

ヤノマミ (新潮文庫)大君の通貨―幕末「円ドル」戦争 (文春文庫)兵法 孫子 戦わずして勝つ (PHP文庫)太陽と地球のふしぎな関係―絶対君主と無力なしもべ (ブルーバックス)

2015-05-24

創価学会員が池田先生から頂いたお菓子

 かっぱ君のタイムラインで見つけた。大笑い。5・3は「誤算」と読んでよさそう。

夏の桀王の龍蓬が頚を切りしがごとく

「関龍逢」(かんりゅうほう)という名前にかすかな記憶があった。日蓮遺文で二度出てくる。因みに真蹟では「龍蓬」、創価学会版だと「竜蓬」(4ヶ所)との表記になっている。『天空の舟 小説・伊尹伝』は宮城谷昌光のメジャーデビュー作。弓を引き絞るような苦しい時期を経て、これ以降輝かしい作家人生が花開く。本書は伊尹(いいん)が主人公であるが、夏の王の物語でもある。酒池肉林で知られる殷(いん)の紂王(ちゅうおう)と並び立てられる悪王だ。紀元前17世紀頃の話である。日蓮はこうした中国の歴史を何から学んだのだろう? 『史記』や『竹書紀年』はたまた『荘子』あたりか。尚、三顧の礼は『三国志』で有名だが、実は湯王(とうおう)が伊尹のもとを訪れたのが嚆矢(こうし)である。日寛の『開目抄上愚記本』にも「『或は師とたのみ』とは、文王の太公望を得、湯王の伊尹を尋ねしが如し」とある。

天空の舟―小説・伊尹伝〈上〉 (文春文庫)天空の舟―小説・伊尹伝〈下〉 (文春文庫)

読み始める

ニューステージ世界史詳覧ウォール街のランダム・ウォーカー <原著第10版>―株式投資の不滅の真理

お江戸でござる (新潮文庫)クリスマスに少女は還る (創元推理文庫)吊るされた女 (創元推理文庫)

父親嫌いの女子高生の対する岡田斗司夫さんの回答がすごい

 @taka0316y7さんのツイートで知った。tumblrも埋め込みできるとはね。