2014-12-04

解散総選挙の狙い

 小渕優子経済産業相と松島みどり法相が10月20日に辞任。その後も自民党内における政治とカネの問題が続出した。安部首相は「消費税率の10%への引き上げを1年半先送りした上で、その判断について国民に信を問うため衆議院を今週21日に解散する考えを正式に表明」(NHK解説委員室)した。解説委員が「大義は何か」と書いているが、もちろん「解散の大義」は別のところにある。不詳私が解説しよう。

 公示前勢力は自民:295、公明:31で定数475議席に対して、与党は68%を占めている。何をどう言い繕ったところで「解散する理由」にはならない。

 4月にオバマ大統領が来日した。その後、安倍首相がやったこといえば、特定秘密保護法の制定と集団的自衛権の行使である。これがアメリカからの意向であることはまず間違いない。

 そして今回の解散については読売新聞のスクープで、ナベツネがゴーサインを出した。ナベツネがフィクサーとして解散劇の舞台裏に関わっているとすれば、当然、大連立を目指した動きを目論んでいることだろう。

 ここまで見えれば答えは必然的に導き出される。アメリカからの明確なメッセージは「自分の国は自分で守ってくれ」というものであり、既に米国の国防予算は大幅に削減されている。日本が動かないとなれば、彼らは沖縄から基地を引き上げるくらいのことまでやりかねない状況だ。

 つまり憲法改正~日本の核武装化こそが解散総選挙の狙いである。そのためのお膳立てとしてアメリカは中国を突っついて尖閣諸島を武力支配させる。





 既に読売・日経は安倍応援団と化している。そして「アベノミクスを問う」と首相が言っている以上、投票日までは必ず株価を上げてくることだろう。格付企業ムーディーズが日本の国債をAa3からA1に格下げした。通常であれば大ニュースだがマーケットは瞬間的な動きにとどまった。ま、現物をやっている人は12日には手仕舞いしておくべきだろう。

 自民が圧勝し、大連立の動きが実現すれば、公明党は必ず切られる。そして尖閣危機が起こった時、憲法改正に反対する共産党・社民党と同レベルの政党として国民から見捨てられることだろう。ドグマ政党の終焉が間もなく訪れる。

平和は隅 実利関心 公明支える創価学会員の胸中

東京新聞(前文のみ) 2014年12月3日

2014-12-03

公明党への投票をLINEで依頼…創価学会員のイマドキ選挙活動

 ひと昔前、選挙の”風物詩”といえば、「公明党の○○候補への投票を是非、お願いします」という、さほど仲良くもない知人からのの唐突な連絡だった。公明党の支持母体である創価学会員たちによる、熱心な選挙運動だ。しかし、これが近頃ではトーンダウンしているという。

 これはネット社会の成熟により、あたかも創価学会員が選挙違反をしているかのような印象を与えかねず、またそれを面白おかしく書き込まれることを学会幹部が危惧しているからだ。近年では「選挙前、選挙期間中の家庭訪問、電話での投票依頼を控えさせている」と学会有力幹部はの内情を明かす。

DMMニュース 2014-12-02

2014-12-02

創価学会幹部の年収

 平成6年のデータだが、学会幹部を僧侶と意義づけることは到底不可能である。尚、池田の発言は『社長会全記録 人間・池田大作の野望』「継命」編集部編(継命新聞社、1983年)より。

真実の創価学会史

【解散総選挙】自衛官は次世代の党に期待!? 「公明党を与党から追い出してくれ」

「公明党出身の防衛政務官に敬礼しなければならないのは内心、納得がいかない。バックの創価学会は親中親韓だし、偏差値があまり高くない創価大学の出身です。加えて防衛の最前線なのに内局(防衛省)に近い外務省出身の人物が防衛政務官につくという点も、私たちにとっては面白くありませんね。現場をロクに知らず、無意味な机上の空論を振りかざしますから」

DMMニュース 2014-12-01

2014-12-01

他人のプライバシー

 ネット上で他人のプライバシーを晒(さら)す奴は10本の指を折られても仕方がない。裁判よりも実力行使の方が手っ取り早いよ。

2014-11-30

創価学会員の選挙違反

 九州の組織じゃ奨励されているよね(笑)。よく見りゃ、母親じゃねーかよ。

読み始める

意識をめぐる冒険