2014-10-17

読み始める

「正義」を叫ぶ者こそ疑え

 間違わない組織なんてない。それは革命党でも会社でも宗教でも同じである。左翼の諸党派などは、そもそもの出発点から間違っているかも知れないのだ。しかし、自分たちは正しい、党は間違えない、それに反する者は反党分子である。正しい党員に革命的に鍛えあげるか、革命的に処分しなければならないと考えてしまう。
 正義を信じ、組織をつくってしまうと、かくも巨大な間違いを犯してしまうのが人間なのである。間違いを犯すから深みが増す、人間の可能性を高めるとは決して考えない。
 なぜか。「正義は我にあり」「我々は間違えない」という神話の中に生きている方が楽だからだ。自分は間違っているのではないか、今の方針より、よりましな方法があるのではないか、と常に自分に問い続ける苦しみを味わわなくて済む。つまり、「無謬性」とは単なる精神的怠惰の表れでしかないのだ。他者を圧殺する巨大な権力を生む怠惰である。

【『「正義」を叫ぶ者こそ疑え』宮崎学(ダイヤモンド社、2002年)】

 宮崎学はやくざ者の倅(せがれ)で、学生運動の武闘派左翼、解体屋、地上げ屋、週刊誌記者といった遍歴の持ち主だ。彼はたぶん昭和30~40年代の創価学会に郷愁のような感情を抱いている。もっと言ってしまえば、そこに共産党の理想的な姿を見ている。石牟礼道子〈いしむれ・みちこ〉の「今まで水俣にいて考えるかぎり、宗教も力を持ちませんでした。創価学会のほかは、患者さんに係わることができなかった」(『石牟礼道子対談集 魂の言葉を紡ぐ』)という発言と似た視点を持っている。だからこそ現在の創価学会と共産党を批判する。池田に直接手紙を送っているほどだ。行間から大衆運動のシンパシーが立ち上がってくる。創価学会に対する理解は浅いが、主張そのものは極めて真っ当な正論である。共産党と創価学会は異母兄弟のようなものだと私は考えている。それゆえ共産党が創価学会化し、創価学会が共産党化することは必至であるといえよう。ここらあたりに政治と宗教を解くヒントがあるように思う。正義とは「教条」(ドグマ)である。そして正義が人を裁くのだ。

「正義」を叫ぶ者こそ疑え

2014-10-16

尋ね人 愛知県瀬戸市

 カトー建材工業株式会社
  〒489-0954 愛知県瀬戸市台六町532-4

 ここに勤務している創価学会員を知っている方はぜひとも情報をお寄せください。秘密厳守。謝礼なし(笑)。

2014-10-14

ブラック企業大賞「ヤマダ電機」問題がマスコミで報道されない理由

 創価学会と同じ手口だ。ブラック企業大賞とはね。学会本部から注意をしたらどうだ?

2014-10-13

THA BLUE HERB "PRAYERS"

 しみじみと泣ける。我々は死者を悼(いた)み、その死を悲しむ。やがて私も死ぬ。悲しむことに意味はあるのだろうか? ただ嘆き悲しむのではなく、生きる力に変えることができれば意味はある。Tha Blue Herbは好きなのだが、ボスの歌詞は言葉が過剰だ。私の胸を打つのは彼の真剣さ、ひたむきさなのだ。「祈り」という言葉がストンと腑に落ちる。岡真理の言葉(小説とは祈り)に匹敵すると思う。

大石寺の夏期講習会

 大笑い。時代の変化は激しい。

「週刊文春」が報じた創価学会・池田大作名誉会長の「病状」

 デマだったとはね。ま、事実を公表しないところに付け入る隙(すき)があるわけだが。

「週刊誌、オマエが言うなよ……」〜週刊誌ガセネタ誤報列伝(第2回/「週刊文春」篇)〜

2014-10-12

韓国併合や創氏改名の誤謬

創価学会の対外的な成果」の続きを。

 ボディブローと書いたのは他でもないが、池田の言説には韓国併合創氏改名に関する誤謬(ごびゅう)が目立つ。その自虐史観が今後、創価学会の足枷(あしかせ)となることだろう。

 慰安婦問題についても池田は韓国の立場を全面的に擁護している。

 ついでに書いておくと、創価学会は日中友好万歳路線をひた歩んでいるが、「米中接近後に日中友好が実現したことによって、孤立したソ連がアフガニスタンを侵攻するに至った」と菅沼光弘(元公安調査庁・調査第二部部長)は指摘している。既に創価学会と中国との関係を懸念する声が出始めている。



学校に例えてみる

 学校に例えてみよう。この学校とは義務教育ではない。高校や大学、あるいは専門学校と考えてもらえばよい。考えられる要素は次の通りだ。

 入学したばかり、進級中、留年、停学、退学、そして卒業である。私が問題にしたいのは退学である。

 自主退学と処分としての退学との二つがある。進むべき道を見出して学校を去った人に後顧の憂いはない。ところが「退学させられた人」や進路を見失った人々には学校への遺恨が形成される。ここから彼あるいは彼女たちは、学校の評価を貶(おとし)めることに力を注ぐ。その殆どは自分のマイナス感情を補完するものでしかない。つまり「変わることのない惨めな自分」への言いわけが批判という形で開陳されているのだ。

 卒業しない自由はもちろんあるが、やはり卒業することが望ましい。

 自分なりに一生懸命努力しているようでも、実はねずみ車をひた走るハムスターみたいな人々が多い。多すぎるよ。そのセンスのなさが致命的だ。

 これは「不勉強な君」への個人的なメッセージだ。