2014-05-08

「先輩からの手紙」に思うこと 4

先輩からの手紙
「先輩からの手紙」に思うこと 1
「先輩からの手紙」に思うこと 2
「先輩からの手紙」に思うこと 3
・「先輩からの手紙」に思うこと 4
「先輩からの手紙」に思うこと 5
「先輩からの手紙」に思うこと 6
「先輩からの手紙」に思うこと 7
「先輩からの手紙」に思うこと 8
「先輩からの手紙」に思うこと 9
「先輩からの手紙」に思うこと 10

『先輩からの手紙』 (3) ぷるぷるメモ」で指摘されているのは、公明党議員の不勉強と創価学会員の他力本願的な迷信についてである。そして創価学会の思想が実はブッダから乖離している実態に触れている。

 組織の欺瞞に気づき始めると暗い道を独りで歩む羽目となる。これはどのような組織においても一緒だ。そこで殆どの人々は孤独に耐えられないあまり心理的な妥協を図る。そう。見て見ぬ振りをするだけで済む。誰かが叫んでからついてゆけばよい(笑)。ま、そんなのばっかりだ。

 気づいているだけではダメだ。突き抜けなければ。小利口な上から目線ではなく完全に達観できるかどうかである。

 事実をありのままに見つめれば答えは見つかる。複雑な問題も根は単純なところにある。

 僭越ながら私が一言で述べよう。創価学会とは「日蓮思想を拝借した大衆糾合運動」であったのだ。組織スタイルが共産党と酷似していながらも決定的に違うのはここだ。共産党員には共産主義化という政治目的があるが、創価学会員には取り敢えず選挙勝利という運動しかない。つまり運動が目的化してしまったところに公称750万世帯で頭打ちになった現状がある。

 牧口の価値論や戸田の功徳論は実際主義としてのプラグマティズムと親和性が高い。そして思想を欠いた広宣流布運動が新自由主義的になるのは必至であった。

 大衆が求めるのは思想ではなく物語である。そして大衆の欲望に応える形で創価学会は高度経済成長を背景に拡大してきた。バブル景気崩壊と阿部vs.池田紛争も軌を一にしている。創価学会の経済感覚の鋭さは、東京牧口記念会館(1993年)→バブル崩壊(1991年~)、正本堂(1972年)→オイルショック(1973年)という流れを見れば理解できよう。当然、建設のための供養は数年前から集められている。

 仏教的な思想性からいえば、日蓮本人がブッダから離れて大衆部を採用しているので致し方ない側面がある。個人的には日蓮の真言宗批判は最澄にこそ向けられるべきであったと考える。だが鎌倉時代であったことを踏まえれば、それでは多くを求めすぎだろう。法華経思想・日蓮思想ならまだしも、日蓮本仏論が世界に通用するわけがない。

2014-05-07

真理は「信用組織によって生きている」

潮出版社の桑原武夫学芸賞について

 そういや最近聞かないな、と思っていたら既に終了していた模様。Wikipediaを見て驚いたのだが、第9回が『アースダイバー』中沢新一に授与されている。創価学会系出版社がオウム真理教を擁護した中沢に賞を与えるのが何とも不思議だ。またオウムが中沢の『虹の階梯』を教義として採用したことも広く知られている。それだけではない。中沢新一はオウム信者が行ったテロ行為に対して「規模が小さすぎた」と不満を漏らしていた。

岩上●また、山口(瑞鳳)さんと『宝島30』誌上で対談した元信者の高橋英利君によれば、中沢さんが「サリンの犠牲者が一万人か二万人の規模だったら、別の意味があったのにね」と発言していたという(「僕と中沢新一さんのサリン事件」九六年二月号)。この発言も真意がわからない。きちんと説明してほしい。

宝島●その発言を聞いたのは高橋さんだけじゃないんです。二月号が発売された後、中沢さんと親しかった元オウム信者から編集部に連絡が入り、「中沢さんを擁護したい」というので、会って話を聞くことになりました。その信者に中沢さんが語ったところによると、「一万人、二万人規模の人間が死ねば、東京の霊的磁場が劇的に変化する」と。

宮崎●(爆笑)いいなぁ、その発想。何か、悪の秘密結社みたいで少年マンガ的。霊的ボルシェヴィキというより、霊的ブランキスムだね。悪の陰謀結社主義! それならそれで、中沢さんは、はっきりと思想態度を表明すればいいんですよ。吉本さんみたいにね。去年の年末の日本テレビの特番みてたら、中沢さん、平身低頭の態じゃないですか。オウムの被害者の方々には本当にお気の毒ですって。
 どっちが本心なんだよって聞きたいですよね。

岩上安身×宮崎哲弥/スクープ!オウムに強制捜査をリークしたのは『宝島30』だった!?(『宝島30』96年6月号)】



アースダイバー改稿 虹の階梯―チベット密教の瞑想修行 (中公文庫)

日蓮大聖人 御書システム

日蓮大聖人 御書システム

 1619ページということは創価学会版であろう。個人的には日蓮宗現代宗教研究所の真蹟遺文だけで十分だ。

2014-05-06

一般的な臨終の相を調べた論文


成仏の相/半眼半口について~「臨終用心抄」日寛上人(一部抜粋)

グーテンベルク