2013-09-28

読み始める

「多様な意見」はなぜ正しいのか 衆愚が集合知に変わるとき身ぶりと言葉 (ちくま学芸文庫)カネと暴力の系譜学 (シリーズ・道徳の系譜)複式簿記のサイエンス―簿記とは何であり、何でありうるか 簿記学対話

パッカード著作集5 裸の社会 中国英傑伝(上) 中国英傑伝(下)

人間革命をめざす池田大作 その思想と生き方

沈みゆく夕日

党派制に基づいたイデオロギー


2013-09-27

スパルタ教育










賤しい人

 創価学会員が「賤しい人」に堕したのは、仏法を見失い組織を擬制本尊に見立ててしまったためであろう。


ブッダのことば―スッタニパータ (岩波文庫)

公明訪中団、中国要人との会談が急きょ中止

 公明党の若手国会議員による訪中団が4日に予定していた中国共産党中央対外連絡部(中連部)幹部との会談が、急きょ中止になったことがわかった。

 公明党は、山口代表が今年1月に習近平(シージンピン)国家主席と会談するなど、中国とのパイプをアピールしてきただけに、党内では「中国の反応がこれほど厳しいとは思わなかった」と落胆の声も出ている。

 訪中団は4~6日の日程で北京を訪問しており、同党は王家瑞(ワンジアルイ)対外連絡部長との会談を想定していた。中連部側から直前に「会談できない」との連絡があったという。これに関連し、山口氏は4日、国会内で記者団に対し、「中連部と何らかの会談はあるのではないか」と述べ、6日までに会談が実現することへの期待感を示した。

【YOMIURI ONLINE 2013年9月4日】

2013-09-26

町山智浩『風立ちぬ』解説

 町山智浩の恐るべき説明能力。宗教の解説もやってもらいたい。

谷川・佐藤両副会長が元本部職員を告訴

冨士教学研究会のブログ
白バラ通信 パンドラの箱

思想の更新

2013-09-25

整列

集団の利益という美名の下で

2013-09-24

ただ独りある木

我々は死を自覚できないように、眠りも自覚することができない



永遠は存在しない
永遠は光の中にのみ存在している

2013-09-23

「私たちは仏陀になれる」ボブ・サーマン

「慈悲というのは、それは私たちが耐えられなくなるということです。くつろいで人生の喜びを満喫することに耐えられなくなるのです」。

※日本語訳が表示されない場合は画面右下で「Japanese」を選択。

順列次第で情報にも文学にも教義にもなる

ど田舎(新潟)の恐ろしさ

2013-09-22

「幸せの習慣」マチュー・リシャール

「喜びは経験とともに消費されるかのようです」との一言が重い。

光が射してきた

欲望の達成