2013-08-03

なぜ「正義の味方」は、暴力と破壊を生み出す元になるのか?

2013-08-02

ただひたすら働かされる人々

2013-08-01

「盗作」で佐野眞一氏を提訴


佐野眞一氏の「パクリ疑惑」に迫る – ガジェット通信

公明党のいかがわしさ

2013-07-31

自己嫌悪


自己肯定感の欠如

2013-07-30

心が荒んでいる創価学会員

 これも創価学会員のようだ。京阪電車→日々平穏とアカウント名を変えた直後に消失した模様。末端会員はかくも心が荒(すさ)んでいる。

2013-07-29

創価学会員は裏表のあるタイプが多い


 見なければいいだけの話だと思うが。人の価値観は様々だ。もちろんそれで構わない。ただ創価学会員には裏表のある人々が多い。この人物は一方で私のツイートを大量にお気に入り登録している。あなたの周囲で「創価学会に入れば必ず幸せになれる!」と断言している人もこういうタイプの可能性がある。日蓮曰く「わざわいは口より出でゝ身をやぶる」(「重須殿女房御返事」真蹟)と。創価学会はその陰口体質によって滅びゆくことだろう。



 うわあ、タッチの差でアカウントを削除した模様(笑)。ま、こういう手合いは必ず同じことを繰り返すよ。実生活ではおとなしいタイプに限ってネット上で大言壮語するものだ。身の丈に応じた言葉を使う人は直ぐわかる。

2013-07-28

説明や表現が著しく劣っている人は誤謬の中を歩んでいる

陰口まみれの創価学会員


 まだ続いていたようだ。私としては第三者のプライバシー侵害と口の軽さを指摘したつもりであったが、彼(あるいは彼女)の脳内では「自分の不幸」と書き換えられてしまったようだ。「本質」が何を指すのかも不明。

 その一方で強気な発言も。


「悪を打つ」前に自分の頭や胸を打った方がいいような気もする。もう一つ紹介しよう。


 彼は「優しい人」が好きなようだ。マザコンっぽい印象を受けた。

 近頃はネット上から私の悪口を掻き集めツイッターで紹介している模様。ま、「鉄拳」が知れるわな。

 まさかその口で「創価学会に入れば幸せになれる!」と断言しているわけではあるまいな? 真面目なだけが取り柄で力のない連中はみんなこんなもんだ。「自分なりに頑張ってきました」などと書いているが、「自分らしく」と「自分なり」の違いも教わってこなかったのだろう。

 彼は死ぬまで悪口に生き、陰口三昧で過ごしてゆくのだろう。もちろんそれは彼の自由だ。

 池田vs.阿部紛争で創価学会が日蓮正宗に行ったプロパガンダは、平均的な創価学会員にこのような影を落としている。創価学会員の殆どは「まともな議論」ができない。