2013-07-20

集団的権益の維持・拡大





2013-07-18

「本物」が育つ土壌  “ライアン”小川泰弘を生んだ創価大学 岸雅司監督インタビュー

高木遊の『熱闘通信』

「嫌ならやめれば?」


2013-07-17

草川昭三



 学会員の情報はとかくデタラメなものが多い。無知丸出し。草川昭三は創価学会員ではない。もともと石川島播磨重工業の労組幹部で、一番最初は日本社会党から立候補しているのだから、革新側から支持があるのは当たり前だ。



 本人から反論があったので貼りつけておく。なお確認しようがないため私の文章はそのままにしておく。



草川昭三:Wikipedia
それでも創価学会に入りたいですか?

ルサンチマン考

 内容を鑑み時系列を変えてある。









ニーチェ的な意味のルサンチマン/『道徳は復讐である ニーチェのルサンチマンの哲学』永井均

2013-07-16

選挙棄権のコスト




2013-07-15

参院選公示

 参院選公示前から創価学会ではワークミセス(働く婦人部)に対し「仕事を休め」と指示しているようだ。全国各地で悲鳴が上がっている。

不確定性原理

科学史家●一方、ミクロの世界では、さらに衝撃的な限界が発見されました。それが、1927年にドイツの物理学者ヴェルナー・ハイゼンベルクの発見した「不確定性原理」です。

司会者●それはどのような原理なのでしょう?

科学主義者●人間の観測には、超えられない限界があるという原理です。
 私たちが何かを観測する時には、対象から跳ね返ってくる光を見ているわけです。たとえば、今私はあなたの顔を見ていますが、それは、あなたの顔を反射した光が私の網膜上に映り、その像が視覚神経系を伝わって脳に伝達されることによって、そのような認識が生じているわけです。

(中略)

科学主義者●それでは、ミクロの世界を観測するにはどうすればよいか、考えてみてください。そのためには、ミクロの対象に光を当てなければなりません。光は電磁波の一種ですから、ミクロの対象の位置を精密に測定したければ、対象が一回の波の振動に埋もれないように、短い波長の光を使う必要があります。ところが、光は波長が短くなればなるほど、振動数が高くなり、エネルギーが高くなるため、対象の位置を乱してしまうのです。
 たとえば、電子の「位置」を測定したいとします。波長の短いX線のような電磁波を電子に当てると、X線がある方向に跳ね返ってくるので、その方向を逆算して電子の位置がわかります。ところが波長の短い電磁波のエネルギーは高いので、電子のほうも動かされてしまうことになり、電子が最初に持っていた「運動量」に影響を与えてしまうのです。
 一方、電子の運動量に影響を与えないためには、波長の長い電磁波を使えばよいのですが、今度は波長が長すぎることによって、電子の位置を正確につかめなくなります。

【『理性の限界 不可能性・不確定性・不完全性』高橋昌一郎〈たかはし・しょういちろう〉(講談社現代新書、2008年)】

理性の限界――不可能性・不確定性・不完全性 (講談社現代新書)

・『理性の限界
不確定性原理
「囚人のジレンマ」には2種類の合理性が考えられる/『理性の限界 不可能性・不確定性・不完全性』高橋昌一郎

2013-07-14

パラダイムシフト


 付け加えるならば国家誕生のあとに近代の幕開けがある。で、相対性理論に続いてゲーデル不完全性定理チューリングマシンクロード・シャノン情報理論などが欠かせない。21世紀は数学とアルゴリズムの時代だ。

 ゲーデル・タルスキーの不完全性定理 Sの真理性は、Sの内部では定義不可能である。

【『ゲーデルの哲学 不完全性定理と神の存在論』高橋昌一郎〈たかはし・しょういちろう〉(講談社現代新書、1999年)】

 ゲーデルは数学世界の限界を示した。この時すべての学問領域が揺らいだ。数学の限界は言葉の限界をも示唆するものだ。世界は説明不可能なのだ。

ゲーデルの哲学 (講談社現代新書)

パラダイムシフトについて考える
ゲーデル
ゲーデルの生と死/『ゲーデルの哲学 不完全性定理と神の存在論』高橋昌一郎