2013-04-27

脳内出血で悟りを開いたジル・ボルト・テイラー

 書籍同様、少々高っ調子ではあるが驚くべき洞察である。右脳は常に悟っている。これが本覚論だ。ジル・ボルト・テイラーはただ単に自らの体験を語っているのではない。彼女は法を説いているのだ。学問と宗教的感情の奇蹟的な融合といってよい。



奇跡の脳: 脳科学者の脳が壊れたとき (新潮文庫)

日蓮とマントラ

龍を殺す

 宗教は、われわれの子供たちが合理的な教育を受けられないようにしている。宗教は、われわれが戦争の根本的な原因を取除くことを阻止している。宗教は古い峻烈な罪と罰の教義のかわりに、科学的協力の倫理をわれわれが教えられないようにしている。人類は黄金時代の入口にいるとも言えよう。しかし、もしそうだとするならば、まず第一にその扉を守つている龍を殺す必要がある。この龍の名は宗教である。

【『宗教は必要か』バートランド・ラッセル:大竹勝訳(荒地出版社、1959年)】

 キリスト社会で神にノーを突きつけることは、日本人の想像も及ばぬ勇気を必要とする。

アメリカのミネソタ大学の調査によると、ホモセクシャルやイスラム教のグループよりも、一番信頼がおけないのが無神論者のグループであると明らかになったそうです。

 私がバートランド・ラッセルに注目するのは、「アリストテレス以降、最大の論理学者」でありながら数学者でもあるためだ。宗教という宗教が時代に遅れをとったのは合理性を欠いたためであるが、合理性は論理というよりも数学として捉えるべきだ。科学といっても最終的には数学に収まると私は考える。21世紀は数学とプログラミングの時代であろう。

 新しい時代を阻む扉が人間精神を古い鋳型(いがた)に閉じ込める。自由のない世界は必然的に人間を抑圧する。古い教義に信者を縛りつける制度宗教・組織宗教はもう必要ない。

理性主義と神秘主義
バートランド・ラッセルによる自由人の十戒

宗教は必要か

2013-04-26

世の中の全ては無限乱雑空間の一部であり、その最終的な存在理由は「偶然」である

 一般に、起こり得る出来事の組み合わせが有限であれば、時間の流れが無限だとすると、同じ出来事は必ずどこかに含まれることになる(ニーチェの永劫回帰)。結局、世の中の全ては無限乱雑空間の一部であり、その最終的な存在理由は「偶然」である。 従って、哲学的な思考をどこまでも深く深く究めていくと、どこかで必然的に無意味に到達し、どこかで「現に存在してしまった、この世界」に折り返してくる必要がある。

自循論::無限乱雑空間

ツァラトゥストラはこう言った 上 (岩波文庫 青 639-2) ツァラトゥストラはこう言った 下 (岩波文庫 青639-3) この人を見よ (新潮文庫)

2013-04-25

山崎正友著『池田大作 日本経済乗っ取りの野望』

 これは知らなかったな。まだ販売しているのだろうか?

創価学会問題討議資料 『池田大作日本経済乗っ取りの野望 社長会記録の解読より』

 ・社長会全記録
 ・創価学会が会員に絶対知られたくない最新情報

 以前、全文アップしたブログが存在したのだが既に消えていた。amazonの古本は1万7000円というふざけた値段が付いている。

社長会全記録 人間・池田大作の野望

対話が勧誘・宣伝に転落する


 プロパガンダは人間を手段化する。宗教者の言説がいかがわしいのは、布教という目的をひた隠しにしながら美辞麗句を連ねるためだ。猫がネズミを窺うような視線で対話などできるわけがない。

読み始める

シャノンの情報理論入門 (ブルーバックス) ツァラトゥストラ〈1〉 (中公クラシックス) ツァラトゥストラ〈2〉 (中公クラシックス)

2013-04-24

公明党運動員2人を略式起訴…菓子配り投票依頼

 松本区検は23日、昨年12月の衆院選の際に菓子を配って公明党への投票を呼びかけたとして、それぞれ運動員で、長野県松本市、無職井上みや子(83)と浜松市、無職加茂賀枝(よしえ)(55)の両容疑者を公職選挙法違反(買収)で松本簡裁に略式起訴した。

 起訴状によると、2人は12月16日投票の衆院選で、比例選北陸信越ブロックで公明党の候補者を当選させる目的で、同月6日に松本市の女性方など10か所で有権者10人に対し、公明党に投票してもらう報酬として、菓子など計28点(販売価格計6350円)を配った、とされる。

 捜査関係者によると、両容疑者は「当選させたかった」と容疑を認めている。

 菓子などを受け取ったとして同法違反(被買収)で書類送検された男女10人については、長野地検松本支部が23日、不起訴とした。

 比例選北陸信越ブロックには公明党から、党国会対策委員長の漆原良夫氏と新人の田島公一氏が立候補。漆原氏が6選を決めた。党県本部は「事実関係を確認している」としている。

読売新聞 2013-04-24

 九州の創価学会員は全員つかまってもおかしくない。それにしても1点あたり227円、1人に対して635円でも起訴されるんだね。びっくりしたよ。

 犯罪者を自主退会させるのが創価学会の手口であるが、選挙違反の場合はどうなのか? 責任ある立場の人間がつかまれば直ぐさま連座制が適用される。ま、政権与党のうちは大丈夫なんだろうけどね。

現実にパラダイムシフトを促してきたのは科学

人生ブラウン運動説

 何だかいい加減なこと、あいまいなことだらけで、私たちが信じてきた「整然とした自然」とは正反対ですが、それが自然の本当の姿なのだと、量子論を築いた物理学者たちは考えました。量子論は、物質や自然がただ一つの状態に決まらずに非常にあいまいであることを、そしてあいまいさこそ自然の本質であることを私たちに示したのです。

【『「量子論」を楽しむ本 ミクロの世界から宇宙まで最先端物理学が図解でわかる!』佐藤勝彦監修(PHP文庫、2000年)】

「あいまいさ」とは不確実性・乱雑性を意味する。カオス理論では「北京で蝶が羽ばたくと、ニューヨークで嵐が起こる」ことがあり得る。

 ゲーデルの不完全性定理やハイゼンベルク不確定性原理以降、世界は変わったのだ。

 運命論者や宿命論者は決定論や因果律にこだわりながら、科学的現実を無視しているように見える。

 釈迦の非我説は、詳しくは五蘊(ごうん)非我説といいます。

【『仏教の謎を解く』宮元啓一(鈴木出版、2005年)】

 そもそも五蘊仮和合(ごうんけわごう)と因果に整合性があるかどうかを考える必要があろう。

 量子もつれ(量子絡み合い)は縁起と捉えてよいと思われるが、量子ゆらぎは因果に反する。しかしながら宇宙は量子ゆらぎから誕生(インフレーション宇宙論)し、現在では脳による意思決定も電気的ゆらぎと考えられている。

「生の本質は反応である」というのが私の持論だが、人生とは人それぞれが勝手な反応を繰り返すブラウン運動であるように思われる。本来バラバラの反応が大きな方向性に傾くのは熱が加わったためと考えられる。

「量子論」を楽しむ本―ミクロの世界から宇宙まで最先端物理学が図解でわかる! (PHP文庫) 仏教の謎を解く

群れから離れる

2013-04-23

信者体質

2013-04-22

他人に従属しない独立自由


ブッダのことば―スッタニパータ (岩波文庫)

活字文化の担い手「新聞配達員」を救え!

そこで安全衛生情報センターの死亡災害データベースを見ると、「新聞販売業」の死亡事故は

平成15年 50件
平成16年 54件
平成17年 60件
平成18年 45件

と推移している。このうち大半は新聞配達中の事故である。平成16年の業種別死亡災害は「商業」が145件であるから、三分の一以上を新聞販売業が占めている。これは死亡事故だけの話であって、これ以外に多くの怪我人が出ている。新聞販売業が含まれる「小売業」の労働時間あたりの死傷事故度数は2.76であるが、これは全産業の1.78を大幅に上回る。また、配達員が人に怪我を負わせるケースもあるだろう。人の命と引き換えにしてまで、新聞を家で読みたい人がどれほどいるのか、真剣に検討せねばならない。

安冨歩〈やすとみ・あゆむ〉】

 この数字に聖教新聞や赤旗の配達員は含まれているのだろうか?

安冨歩

2013-04-21

全面対決! 創価学会 vs. 総本山


 その後、バス会社の副社長が自殺した。経済的影響力の大きさから、経済問題として考え直す視点があってもよいと思う。

公明党のマルチ商法


 思わず吹き出してしまった。

小林秀雄「信ずることと知ること」

小林秀雄の歴史的名講演