2013-03-23

国家の解体


 国家と教団は似ている。そっくりだ。

仏性

finalventの日記

 ・3月21日のツイート

 道元については以下のブログが詳しい。

翻訳家のノート

 仏性とは「仏に【なることができる】」という物語に過ぎない。誰もが「ブッダのようになりたい」と憧れを抱いたことであろう。その瞬間、ブッダは川岸の向こう側に偶像として立ち現れる。ブッダが悟った法よりも、ブッダのスタイル=三十二相八十種好が重んじられる。

 仏に【なることができる】という可能性は、仏に【なる】までの間は、【仏になることができない】自分自身を確認する時間帯となる。つまり、仏を目指しているにもかかわらず、【なることができない】因を積み続けていることとなる。

 果たして人間は少しずつ徐々に悟るのであろうか? ここから悟りへのアプローチ法(※方法ではなくスタイル)が変わってゆく。

 三法印四諦から生まれた。生きる上で大切なことは、仏のように立派な自分になろうとすることよりも、現実の苦をどう見つめるかである。その眼差しこそが三法印なのだ。

四諦と縁起

2013-03-22

肉食と菜食


グルイズムの否定

 あなたがたは、私に言われるからではなく、私に反対してでも、解き放たれた者にならなければなりません。

【『クリシュナムルティ・目覚めの時代』メアリー・ルティエンス:高橋重敏訳(めるくまーる、1988年)】

クリシュナムルティ・目覚めの時代 クリシュナムルティの生と死

2013-03-21

新聞啓蒙

リアルタイム検索

嘘の大海で溺れるな

2013-03-20

脳内の情報空間は宇宙と似ている

カモ

聖教新聞のノルマ

「俺たちはカモにされていたのか?」
 そうカモ。
「学会員全員がカモなのか?」
 総カモ。
「そんな創価学会でいいのか?」
 総カモ学会。
「一眼の亀の喩えは何だったんだ?」
 浮木(ふぼく)の正体は聖教新聞だったのさ。
「衣裏珠の喩えは?」
 襟首に縫い付けてあったのはネギだったんだろうな。
「カモがネギを背負っているってことか?」
 でかい鍋まで背負っているよ。だから亀そっくりなのだ。

2013-03-19

聖教新聞のノルマ


 創価学会における金銭的な負担はそのうち社会問題と化すことだろう。財務(=広布部員)が典型で、活動も満足にしていない青年部の名前で親が一口1万円の寄付をしている実態がある。また実際に家屋敷や会社を売って寄付に当てた会員も存在する。

財務功徳論者

 創価学会は日蓮仏法の看板を下ろすべきだ。既に聖教新聞教であり、創価学会本部教であり、創価大学教と化しているのだから。

カモ

2013-03-17

艱難に耐える力が幸福の感受性を育む