2013-02-09

読み始める

さおだけ屋はなぜ潰れないのか? 身近な疑問からはじめる会計学 (光文社新書) 新装版 世界一やさしい会計の本です 12歳でもわかる!決算書の読み方~お金のことを知らずに「社会人」になってしまった人の会計入門~

千年後の予約ツイート

2013-02-08

圧縮された情報





外情報/『ユーザーイリュージョン 意識という幻想』トール・ノーレットランダーシュ

2013-02-07

偶然と必然

2013-02-06

佐村河内守〈さむらごうち・まもる〉作曲「交響曲第1番《HIROSHIMA》」



全聾(ぜんろう)の天才作曲家が紡ぐ「闇の音」

 もし、現代に天才と呼べる芸術家がいるとすれば、その一人は、まちがいなく佐村河内守さんだろう。(五木寛之)

 被爆二世として生まれた作曲家は、突然にすべての聴力を失って絶望の淵に沈む。彼の命を支えたのは、盲目の少女との出会いだった。そのとき見出した小さな希望の光に向かい、聞こえない彼だけが聴く「闇の音」を求めて、襲いくる心身の苦痛に耐えながら、彼は今日も、孤高の闘いを続けている。(帯文より)

佐村河内守:交響曲第1番 HIROSHIMA 交響曲第一番

因果は業による報

2013-02-05

《本を読む》植木雅俊著『思想としての法華経』(岩波書店、2012年9月26日刊、3000円+税)「止揚の論理と寛容の思想」「共存と融和を希求する思想」

森田実の言わねばならぬ 2013.2.3(その2)

因果が示しているのは業(行為)の連続性


2013-02-04

空仮中の三諦