2013-02-02

日蓮とマントラ




 これは凄い。卓見だ。ビックリした。私も一時期考え続けた。で、結論が出ないのであきらめた。興味も潰(つい)えた。英知の閃光は脳に電気ショックを与える。そう。感電だ。ウトウトしていた私の目が覚めた。

 脳はリフレインに快感を覚える。例えば歌のサビ部分。また単純な行為の繰り返しも同様だ。ランナーズハイなど。一種の瞑想といえるが、やはり瞑想の本質とは言い難い。

 簡単な思考実験をしてみよう。朝から晩までひたすら唱題をする一生に価値はあるだろうか? ま、やってみなくちゃわからんわな。でも、やっている人がいないのだから「ない」と考えていいだろう。とするならば、マントラ口唱は宗教行為ではあっても宗教目的ではない。

 実は右脳は常に悟っている状態にある。そこから私は本覚思想を読み解いた。

本覚論の正当性/『反密教学』津田真一
本覚思想とは時間論/『生と覚醒(めざめ)のコメンタリー 1 クリシュナムルティの手帖より』J・クリシュナムルティ
本覚思想とは時間的有限性の打破/『生と覚醒(めざめ)のコメンタリー 1 クリシュナムルティの手帖より』J・クリシュナムルティ

 キーワードはやはり「今ここ」である。

 脳科学者のジル・ボルト・テイラーは脳卒中を通して脳という宇宙を体験した。その彼女がこう書いている。

 読経に聴き入ることは、感情と生理を伴う思考パターンに導くために、心を好ましくないループから抜け出させるもうひとつの重要な手段になります。祈りも、好ましくない思考パターンを、意図的に選んだ思考パターンに換えてくれるので、蜂の巣をつついた騒ぎのような言葉のくりかえしから、意識的にもっと平和な境地へ導く手段となるでしょう。

【『奇跡の脳 脳科学者の脳が壊れたとき』ジル・ボルト・テイラー:竹内薫訳(新潮社、2009年/新潮文庫、2012年)】

 瞑想とマントラに架橋する一言であると思う。

 若い者は@sinkousya氏に教えを請え。

奇跡の脳: 脳科学者の脳が壊れたとき (新潮文庫)

脳内出血で悟りを開いたジル・ボルト・テイラー
日蓮がマンダラ&マントラを勧めたのは印刷技術がなかったため
メッセージを発信する者のリスク その二&日蓮とマントラ

思考の肉体化

2013-02-01

習総書記、首脳会談前向き 成果焦った公明を翻弄

MSN産経ニュース 2013-01-26

ヴェーサリーは楽しい


 私はここに呼吸法≒瞑想の境地を感じる。ブッダは獄の中にあろうと、貧困の内にあろうと楽しいに違いない。瞑想はいかなる場所においても可能である。一切の執着、あらゆる束縛から離れる営みが瞑想であろう。そして内なる境涯を楽しむことが瞑想なのだ。

ブッダ最後の旅―大パリニッバーナ経 (岩波文庫)

ブッダ最後の旅 仏陀の足跡を辿る

2013-01-31

宗派人間


2013-01-30

帰属意識が自我を形成


2013-01-29

釈迦仏教の根本思想について

釈迦仏教の根本思想について

 以前から読んでいるブログだが大変勉強になる。私も研鑚しなくては。

組織化が新たなヒエラルキーを生む

2013-01-28

虫を思いやる心

法華経と等伯

 そう思っていくつかの経典に当たったが、難解な漢訳言葉にはばまれて目的を果たすことができなかった。
 その捜し求めていた世界が、植木さんが訳した『法華経』の中にきらびやかに広がっていた。
 そして等伯の「松林図屏風」も、そうした世界観に裏打ちされて成立したことが、ぼんやりと解(わか)り始めたのだった。

【直木賞に選ばれて 安倍龍太郎/毎日新聞 2013-01-14 夕刊】

法華経 上―梵漢和対照・現代語訳 法華経 下―梵漢和対照・現代語訳

「直木賞を待つ」安部龍太郎
植木雅俊

2013-01-27

瞑想と祈り


クリシュナムルティの瞑想録―自由への飛翔 (mind books)

瞑想とは思考の沈黙である

匿名社会