2013-01-26

読み始める

20歳の自分に受けさせたい文章講義 (星海社新書) [図説]人口で見る日本史

新・マネー敗戦―ドル暴落後の日本 (文春新書) 為替占領 もうひとつの8.15 変動相場制に仕掛らけれたシステム ザ・ワーク 人生を変える4つの質問

模倣と恐怖


安全と恐怖
模倣

模倣



『摩訶止観』巻第一上にいわく「従藍而青と為る」と。

模倣と恐怖

落ち込み・ヘコみを劇的に減らす方法 9パターンの「認知の歪み」を改善しよう

earth in us.

悩んでる人にとって正論は毒

2013-01-25

公明代表、中国で「池田名誉会長の精神受け継ぐ」

MSN産経ニュース 2013-01-14

「世界人類が平和でありますように」

「どうせキリスト教の分派だろう」と勝手に思い込んでいたのだが違った。生長の家から派生した白光真宏会(びゃっこうしんこうかい)の看板であった。

白光真宏会公式サイト
五井昌久
白光真宏会

May Peace Prevail On Earth, part 2...

「納得させる」

単衣(ひとえ)

2013-01-24

ステルスマーケティング

 ステルスマーケティング(英: stealth marketing)とは、消費者に宣伝と気づかれないように宣伝行為をすること。略称はステマ。アンダーカバー・マーケティング(英: Undercover marketing)とも呼ばれる。

Wikipedia

 創価学会員がネット上で繰り広げている言動は、そのすべてがステルスマーケティングであるといっても過言ではない。散々やってきた私が言うのだから間違いない(笑)。布教はプロパガンダ(宣伝)に堕した。運動はマルチ商法レベルにまで低下。

ニコニコ大百科
組織宗教からは模倣人間しか育たない

2013-01-22

「直木賞を待つ」安部龍太郎

 等伯の苦難に満ちた生涯、それでも絵を描きつづけた情念、そうして肉親の死や世上の矛盾をすべて昇華する松林図の境地。そこに達する姿をどう描けばいいか、苦心と苦悩の日々がつづいた。それを無事に切り抜けられたのは、法華経の研究家である植木雅俊さんの助言があったからだ。

【「直木賞を待つ」安部龍太郎/日本経済新聞 2013-01-20】

等伯 〈上〉 等伯 〈下〉 思想としての法華経

 お二方の出会いについては植木雅俊著『思想としての法華経』のあとがきに記されている。

法華経と等伯

2013-01-21

体罰顧問は土下座した

2013-01-20

読み始める

英知へのターニングポイント―思考のネットワークを超えて ピダハン―― 「言語本能」を超える文化と世界観 高橋教授の経済超入門

信仰熱心な者となることを自らに課す人

 信仰熱心な者となることを自らに課す人は、宗教指導者や組織の言いなりになってしまいがちである。それは決してその人に与えられた〈いのち〉を生きているとはいえず、むしろそれを失っているのである。自らの〈いのち〉を喪失し、他者の〈いのち〉を奪うことに無頓着になってしまうのは、ある意味当然のことである。

【『宗教の倒錯 ユダヤ教・イエス・キリスト教』上村静〈うえむら・しずか〉(岩波書店、2008年)】

宗教の倒錯―ユダヤ教・イエス・キリスト教

信じやすい性質

「党派性にこだわる人」は対話ができない