2013-01-05

中国の「日本直接・間接侵略」の実態

ニコライ・ベルジャーエフ

◆反共産主義

 実際に共産党体制を体験したことから、共産主義への深い考察力をもつ。「共産主義はこの世の王国の宗教であり、彼岸世界も、どんな精神世界をも、最終的にかつ決定的に否定する宗教である」として、共産主義思想を宗教として分析、批判している。共産主義はあらゆる宗教的な特徴をもつとしており、例えば、マルクスやレーニンの書物を「聖書」として解釈を許容するが批判は許さないこと、国民を信者と非信者に分別し、信者も正統と異端に峻別すること、異端を破門や極刑に処すること、人間に搾取や階級的不平等などの「原罪」が存在すること、貧困のない「神の国」の到来を予言することなどを挙げている。さらに、共産主義の教義がユダヤ教の至福千年王国説、救世主思想、選民思想にあることを指摘。

Wikipedia

歴史の意味 (イデー選書)

無力な人たちが正義にしがみつく

2013-01-04

金総書記死去に泣き叫ぶ国民

 この感情は自然なものといえるだろうか?



公明党:連立政権の「ブレーキ役」アピール

2013-01-03

佐倉哲エッセイ集

2013-01-02

あなたの生活が改善しないのは努力が足りないからだという論理


「私の人生は私のものなんだ」

(※初めてカナダに留学。だが留学中に鬱病となる。帰国後、大学をやめようとした)
 そして、しばしば考えた後、見えた答えがあった。それは「私の人生は私のものなんだ」っていうこと。「私にしかない世界が広がっているんだ」ってことだった。

【『裸でも生きる 25歳女性起業家の号泣戦記』山口絵理子(講談社、2007年)】

裸でも生きる――25歳女性起業家の号泣戦記 (講談社BIZ)

2013-01-01

Yif Magic

 手品にうつつを抜かすのも正月ならでは。

経済と縁起の違いは何か?

読み始める

ブッダのことば―スッタニパータ (岩波文庫)

何かが起きる

 生はとてもふしぎです。何をしたいのかが明確になったとたんに、何かが起きるのです。

【『子供たちとの対話 考えてごらん』J・クリシュナムルティ:藤仲孝司〈ふじなか・たかし〉訳(平河出版社、1992年)】

子供たちとの対話―考えてごらん (mind books)

2012-12-31

十如是と十界


十如是

ひとたび教義を信じこんでしまえば、すべての自由が失われる

 ブッダはやさしく話をはじめた。「ひとたび教義を信じこんでしまえば、すべての自由が失われます。教条主義に陥ったら、自分の教義が唯一の真理で、他のすべての教義は異端だと信じるようになる。この世の論争や衝突はすべて、このような偏狭な見解から起こるのです。貴重な時間を浪費して、はてしなく議論を拡大し、ついには戦争まで引き起こすことすらある。だから何かの見解に固執することは修行の最大の障害なのですね。偏狭な見解にとらわれていると、その見解にがんじがらめになるあまり、真理の扉をひらくことができなくなってしまいます」

【『小説ブッダ いにしえの道、白い雲』ティク・ナット・ハン:池田久代訳(春秋社、2008年)】

小説ブッダ―いにしえの道、白い雲

2012-12-30

四諦と縁起


仏性

人生には本当は「今日」しかない

 人生には本当は「今日」しかないのです。ですから、人生に失敗したくなければ今日に失敗してはいけません。今日に失敗しない人は、明日があったら明日も失敗しませんし、明後日があったら明後日も失敗しません。これは明白な論理です。

【『苦しみをなくすこと 役立つ初期仏教法話 3』アルボムッレ・スマナサーラ(サンガ新書、2007年)】

苦しみをなくすこと―役立つ初期仏教法話〈3〉 (サンガ新書)