2012-10-20

組織を内側から変革することなど絶対にできない


集団暴行:宗教施設で男性死亡 男女8容疑者逮捕 京都


 宗教施設内で男性信者1人を集団で暴行して死なせたとして、京都府警捜査1課などは21日、京都市南区東九条石田町の宗教法人「空海密教大金龍院」の信者で会社経営、増田敦士容疑者(46)=京都市左京区=ら男女8人を傷害致死容疑で逮捕した。

 逮捕容疑は今月16日午前10時〜正午ごろ、同法人施設内の道場で、信者で会社経営、南部忠之さん(68)=同市上京区=の顔や体を殴ったり、蹴ったりして暴行を加え、翌17日午前0時10分ごろ、搬送先の京都市内の病院で、全身打撲による出血性ショックの疑いで死亡させた、としている。

 このほか逮捕されたのは、南部さんの妻でパート従業員、南部洋子容疑者(67)=同=や、大阪市西成区、滋賀県彦根市など在住の48歳〜76歳の信者。8人は大筋で容疑を認め、一部の容疑者は「教えに背く行為をしたので暴行した」などと供述しているという。

 府警によると、16日午後4時ごろ、施設内で倒れている南部さんを別の信者が見つけ、病院に搬送。体中にあざがあるのを不審に思った病院が府警に通報した。増田容疑者らは病院に「南部さんはトイレで倒れた」などと説明していた。

 同法人は54年に登記され、代表役員は古賀一光氏。法人登記の「目的」欄には、「不動明王を本尊とし、空海・弘法大師の本懐を旨とする」「世界平和、地球大浄化運動を推進する」などと記載している。

 施設は2階建てで、近くに住む女性信者(85)によると、2階に事務所や畳敷きの道場がある。道場は祭壇や護摩壇を備え、仏像や仏を描いた掛け軸などが飾られているという。女性信者は「朝9時ごろから昼すぎまでは勤行があり、お経を読んだり、体操のような踊りをしたりしている。暴力ざたなんて見たことがない」と話した。近所の人によると、太鼓の音が聞こえることもあるという。

毎日jp 2012年9月21日

2012-10-19

民の字義


常用字解 第二版

2012-10-18

双六

 此れにつけても、殿の御身もあぶな(危)く思ひまいらせ候ぞ。一定かたきにねらはれさせ給ひなん。すぐろく(双六)の石は二つ竝びぬればかけられず。車の輪は二つあれば道にかたぶかず。敵も二人ある者をばいぶせ(悒)がり候ぞ。いかにとが(科)ありとも、弟ども且くも身をはなち給ふな。殿は一定腹あしき相かを(面)に顕れたり。いかに大事と思へども、腹あしき者をば天は守らせ給はぬと知らせ給へ。(「崇峻天皇御書」建治3年〈1277年〉:真蹟)

 双六の歴史は古く、奈良時代に最初の禁令が出されている。我々が知っているのは絵双六と呼ばれるもので、平安時代や鎌倉時代に流行したのは盤双六。バックギャモンと同じゲームだったようだ。つまり博奕(ばくち)だったわけだ。

 語源としての双六は古くインドに誕生した仏教語で、『涅槃経』にある「波羅塞戯」が、中国で双六と呼ばれるようになり、これが日本に「仏法双六」・「浄土双六」として伝わり後の絵双六の原型を成している。(Wikipedia

 果たしてサイコロを振ったのだろうか? 気になるところである。

 ゲームを支配するのは偶然性だ。何が起こるかわからないからゲームは面白い。人生もまた同様であろう。仏教が説く因果とは事象の推移を意味するものではない。地獄という果は内在する瞋(いか)り(=怒り)に起因する、というのが仏教的視座である。ブッダが説いた業因業果(≒自業自得)は瞬間に即した発想であって、過去世・来世といった物語とは無縁であると私は考える。

 もしも「仏法に偶然はない」のであれば、仏法はキリスト教となる(※予定説)。そのうち大乗教団から形を変えたインテリジェント・デザイン説が出てきたとしても別に驚きはしないが(笑)。

自由意志と運命について
因果律

2012-10-16

精神年齢が低い人

2012-10-15

たとえ一生祈りつづけたとしても、解脱の彼岸に渡ることはできない


「あなたは、すべてのものを深く見つめる瞑想によって解脱が得られるとおっしゃったが、それでは、儀式も祭事も祈りもすべて無益なのでしょうか」
 ブッダははるか向こうの川岸を指さして言った。「カッサパ、向こう岸に渡りたいと思ったら、どうすればよいでしょうか」
「水が浅いならば歩いて渡ります。そうでなければ、泳ぐか舟で渡るしかないでしょう」
「そのとおりですが、歩くのも泳ぐのも舟を漕ぐのもいやならどうでしょう。こちらの岸に立って、あちらの岸が自分のほうに近づいてほしいと祈ったら、どうですか。そんな人がいたら、あなたはどう思いますか」
「ただの馬鹿だと思うでしょうな」
「同じことではないですか、カッサパ。自分の無知・無明や心の障害物を克服しなければ、たとえ一生祈りつづけたとしても、解脱の彼岸に渡ることはできません」
 突然、カッサパがわっと泣き出して、ブッダの足もとにひれ伏した。「どうか私をあなたの弟子にして、解脱の道を学修させてください」

【『小説ブッダ いにしえの道、白い雲』ティク・ナット・ハン:池田久代訳(春秋社、2008年)】

小説ブッダ―いにしえの道、白い雲

幸せな営み

念処経の修行(「四念処」)


もう一つの仏教学・禅学

 トップページが判明しなかったため、検索結果を貼り付けておく。

http://www.ne.jp/asahi/sindaijou/

ブッダの〈気づき〉の瞑想 ブッダの〈呼吸〉の瞑想 自分を変える気づきの瞑想法【増補改訂版】 ミャンマーの瞑想―ウィパッサナー観法

呼吸による癒し―実践ヴィパッサナー瞑想 ブッダの瞑想法―ヴィパッサナー瞑想の理論と実践 ゴエンカ氏のヴィパッサナー瞑想入門―豊かな人生の技法 手放す生き方(タイの森の僧侶に学ぶ「気づき」の瞑想実践)

U(嘘つき)とその信者



斎藤環先生 @pentaxxx の「嘘つき」Uの話。

2012-10-14

マンダラに挟まれていた「雨ニモマケズ」

 本日付けの日経新聞に「題目に託した祈りの詩篇」と題した記事があった。山折哲雄の一文だ。宮沢賢治は37歳で没した(1933年)。死後、常に携行していた大きなトランクの中から黒い手帳が見つかり、そこに書かれていたのが「雨ニモマケズ」であった。胸を病み、命のともしびが揺らぐ日々にあって、詩が生まれ得る事実に感動を覚える。詩の末尾にマンダラが描かれていることは以前紹介した。

雨ニモマケズ~宮沢賢治~

 青空文庫のテキストにはそこまで収められている。ところが山折によれば、手帳の3枚目にもマンダラがあるとのこと。更に20枚ほどめくったところに「雨ニモマケズ」と記されているそうだ。

 なぜなら「手帳」を虚心に読んでいくと、その詩句全体が「南無妙法蓮華経」によって前後を護(まも)られているような形で書かれていることに気づいたからである。そこからは賢治の祈りの声がきこえてくるからだ。

 山折は詩の前後で題目を唱えることで詩が「はじめて終結にむかう」としている。こういう余計なことを付け加えるのが山折の悪い癖である。別に宗教学者が信仰者ぶる必要はあるまい。

 タイトルも付けられなかった言葉に欺瞞の臭いはない。病苦は人間を丸裸にする。淡々と流れる水のような透明感があり、情熱や闘争心は殆ど感じ取れない。

「サウイフモノニ/ワタシハナリタイ」――大多数の人々は「なりたい」とは思わない。生前の宮沢賢治は無名の作家であった。自費出版(『春と修羅』)以外では1冊の本(『注文の多い料理店』)しか刊行していなかった。こよなく愛した妹も病没した。

 そんな不遇にありながら、彼が最後に望んだのは「作家としての成功」ではなかった。本を出版することでも、本が売れることでも、有名になることでもなかった。

「サウイフモノ」とは決して彼の理想ではなかったはずだ。ただ「平常の心構え」をさらりと書いたに違いない。なぜなら、宮沢は幼い頃から既に「サウイフモノ」であったからだ。

 尋常小学校時代、罰として、水を満杯にした湯呑を持って立たされていた生徒を見かねた賢治は、辛かろうと言ってその場で水を飲み干してしまった。

Wikipedia:その他のエピソード

 宮沢賢治は常不軽菩薩として生きたのだ。彼を不遇と見つめるのは私の瞳が曇っている証拠である。

 尚、この詩に関しては土田世紀〈つちだ・せいき〉が『同じ月を見ている』(小学館、1998年)で劇的な物語に仕上げている。

春と修羅 (愛蔵版詩集シリーズ) 注文の多い料理店―版画絵本宮沢賢治