2012-09-08

スケジュール管理




公明、維新に附して万里を渡り…


維新 東京など3選挙区も擁立見送り

 大阪維新の会を率いる大阪市の橋下市長は、7日夜、公明党の白浜副代表と会談し、次の衆議院選挙で、公明党が議席の回復を目指す近畿地方の6つの小選挙区だけでなく、東京など3つの小選挙区でも、候補者の擁立を見送る考えを伝えました。
 7日夜、大阪市内で行われた会談には、大阪維新の会の幹事長を務める大阪府の松井知事らも同席し、次の衆議院選挙に向けた対応などを巡って意見を交わしました。
 この中で、白浜副代表は、公明党が議席の回復を目指す、大阪、兵庫の6つの小選挙区に加えて、東京、神奈川、北海道の3つの小選挙区についても、大阪維新の会が結成する新党の候補者の擁立を見送るよう要請しました。
 これに対し、橋下市長と松井知事は、「6つの小選挙区のほか、東京など3つの小選挙区についても、十分、配慮する」と述べ、近畿地方だけでなく、公明党が候補者を擁立する全国の9つの小選挙区すべてについて、候補者の擁立を見送る考えを伝えました。
 さらに、大阪維新の会としては、今後、要請があれば、公明党が議席の回復を目指す小選挙区に、橋下市長らが選挙応援に入ることも含めて検討することにしており、公明党との協力が一段と進む見通しです。

NHKニュース 2012-09-08

 公明党は「下駄の雪」から「スニーカーの泥」に宗旨変えか? 今後「仏法は勝負」という言葉を創価学会員は引っ込めて、「仏法は交渉」「仏法は談合」に変更すべきだろう。日蓮は佐渡流罪赦免直後に四度目の諫暁を行ったとされるが、この時、平頼綱から寺院寄進の話が持ち掛けられたと伝わる。白浜副代表の人相の悪さも相俟(ま)って、日蓮の末弟子というよりは頼綱に連なっているようにしか見えない。

「正しさ」はどんどん先鋭化して「異端を排除する」


 そして、「正しさ」はどんどん先鋭化して、「異端を排除する」ことにばかり向かっていくのです。

村上春樹「ネット空間にはびこる正論原理主義を怖いと思う」- 活字中毒R。

2012-09-06

本覚論を修行論ではなく時間論として捉え直す必要がある



2012-09-05

老醜を晒す年寄りが権力に居座る国も組織も滅びる


2012-09-04

人材という名の材料


 人が人材になる過程は、木が木材になる過程とよく似ている。よけいな枝を落とし、虫の食った部分を捨てて、要するに規格化するわけなのだ(生きている木を切り倒して、乾燥させて、丸裸にし、材木にして、切って、削って、風呂場のすのこにするのだ)。そして、言うまでもないことだが、ハッカーという人々は余計な枝が多かったり、幹が曲がっていたり、加工しにくかったりして、人材としては不良品である場合が多い。

【『我が心はICにあらず』小田嶋隆(BNN、1988年/光文社文庫、1989年)】

 再掲。人材育成とは組織や集団の目的を遂行するための兵士を育てることに他ならない。つまり人材育成を信じている人々は、人間を「加工、修正、整形できる存在」として認識しているわけだ。「人は城、人は石垣、人は堀、情けは味方、仇は敵なり」――武田信玄の言葉として伝わっているが、これは民を重んじたものであって、人を手段にする姿勢とは無縁だ。人間を操作可能とする眼差しは、必ず全体主義へと向かい、『一九八四年』的世界へ辿り着くことだろう。人材は消費される。

我が心はICにあらず

2012-09-03

統一協会創始者の文鮮明氏が死去、92歳


 世界基督教統一神霊協会(Family Federation for World Peace and Unification、統一教会)の創始者、文鮮明(Moon Sun-Myung)氏が3日午前2時前(日本時間同)、韓国内の病院で死去した。92歳だった。統一協会関係者が明らかにした。

 文氏は肺炎の合併症で8月中旬にソウル(Seoul)の病院の集中治療室に入ったが容体が悪化し、「もはや現代医学の技術では容体を改善させることはできない」という医師らの判断を受け、統一協会の病院に移送されていた。

 統一協会関係者によると、文氏は、ここ数か月は毎月訪米するなど、高齢にもかかわらず過労だったという。

 文氏が1954年にソウルで設立した統一協会は約200国で活動し、大規模な合同結婚式などで知られる他、米紙ワシントン・タイムズ(Washington Times)や米ニューヨーク(New York)マンハッタン(Manhattan)のニューヨーカーホテル(New Yorker Hotel )を含む一大ビジネス帝国も築いた。

 統一協会の信徒は創始者の名前をとってしばしば「ムーニーズ(Moonies)」とも呼ばれた。信者を洗脳するカルト教団だという批判もあるが、統一協会はこれを否定している。

 1991年に文氏は平壌(Pyongyang)で北朝鮮の故金日成(キム・イルソン、Kim Il-Sung)主席と会談し、同年、統一教会と北朝鮮の「リョンボン・ジェネラル・コーポレーション(Ryonbong General Corp)」の合弁自動車メーカー、「平和(ピョンファ、Pyeonghwa)」も設立された。

 文氏には現在の妻との間に14人の子供がいる。7人の息子のうち最も若い文亨進(ムン・ヒョンジン、Moon Hyung Jin)氏は2008年、28歳で文鮮明氏の後継者に就任した。

AFP 2012年9月3日

Apr. 4 Reincarnation claim upsets Moon's devotees

世界基督教統一神霊協会の年表
安倍晋三と統一教会

2012-09-02

“金日成と兄弟関係”文鮮明統一教総裁が危篤


 統一教(世界平和統一家庭連合)創始者の文鮮明(ムン・ソンミョン)総裁(92)がソウル聖母病院の集中治療室で入院している。

 アン・ホヨル統一教対外協力室長は15日、「文鮮明総裁が風邪と肺炎の合併症で14日からカトリック大学ソウル聖母病院の集中治療室で入院し、治療を受けている」と明らかにした。文総裁は先月中旬、米国から入国し、ピースカップ国際サッカー大会の開閉幕式など各種行事に出席した。

 アン室長は「1カ月前まで約1万5000人が出席した集会を開くほど元気だった」とし「14日、京畿道加平天正宮博物館で休んでいるところ異常症状を感じ、病院に行く途中、意識を失った」と述べた。

 夫人の韓鶴子(ハン・ハクジャ)鮮文大学理事長、四男の文国進(ムン・ククジン)統一グループ理事長、七男の文亨進(ムン・ヒョンジン)統一教世界会長をはじめとする家族と統一教信徒が病室にいる。文総裁は韓鶴子理事長との間に7男6女がいる。外国に居住している子どもも帰国中という。

 文総裁は高齢にもかかわらず、毎月、韓国と米国を行き来しながら布教活動をしてきた。平安北道定州出身の文総裁は1954年に統一教を創設した。自らを再臨のイエス(メシア)と称し、世界平和のために人類が一つの家族になるべきという教理で70年代から日本・米国などで布教活動をした。この過程で異端視されるなど試練を経験し、84年には米国で脱税容疑で1年間服役した。

 現在、統一教信者は韓国の20万人をはじめ、世界194カ国で約300万人にのぼる。文総裁は1991年と92年に相次いで北朝鮮を訪問し、金日成(キム・イルソン)主席に会い、兄弟関係を結ぶなど政治力を誇示したりもした。

中央日報日本語版 2012年8月16日

欺瞞的な自己正当化