2012-08-30

ニーチェ「真理以外に味方のないことを確かめて、独りで戦え」


 ニーチェはいう。「論争の相手は、今おごりたかぶっている権威を選べ。そして真理以外に味方のないことを確かめて、独りで戦え」と。

【『襲われて 産廃の闇、自治の光』柳川喜郎〈やながわ・よしろう〉(岩波書店、2009年)】

襲われて―産廃の闇、自治の光

2012-08-29

正義は呼号すべきものなり


 正義は呼号すべきものなり、印刷すべきものなり、販売すべきものなり。決して遂行すべきものにあらず。

【『緑雨警語』斎藤緑雨〈さいとう・りょくう〉、中野三敏編(冨山房百科文庫、1991年)】

 創価学会の戸田城聖第二代会長が自ら筆を執(と)った「寸鉄」には、緑雨のアフォリズムからの影響が窺える。

緑雨警語 冨山房百科文庫 (41)

2012-08-28

読み始める

意識は傍観者である: 脳の知られざる営み (ハヤカワ・ポピュラーサイエンス) 感性の限界――不合理性・不自由性・不条理性 (講談社現代新書) 黒船幻想―精神分析学から見た日米関係 (岸田秀コレクション) 黒船前後・志士と経済 他十六篇 (岩波文庫)

須弥山はカラスだらけ?



 信濃村から飛んでくる創価学会の副会長クラスを辛辣に批判している。

2012-08-27

「Googleで最も不愉快な仕事」は正社員ではなく契約社員が行っている


 華々しい仕事をしてスポットライトを浴びる人がいる一方、こうしたつらい労働をする、光の当たらない人がたくさんいる。そしてそういう人たちは「故障」するとどんどん「交換」されてゆく。Googleの、インターネットの暗部には人間的とはとてもいえない状況があるのです。

DNA 2012-08-16

「池田名誉会長がお元気な時に戦わなければ功徳がない」





 とすれば、10年後か20年後に仏法は滅んでいる可能性が高い。信者を動かすためとあらば、師匠の寿命をも利用する姿が浅ましい。

2012-08-26

尖閣抗議デモ 中国各地に拡大


 共産主義と宗教はよく似ている。大衆を集め、動員し、ある方向へと駆り立てる。東アジアを不安定に維持するアメリカの防衛戦略が見事に成功。日中韓の国民は戦争を待望しつつある。ここから日本国憲法を改正させ、日本軍を創設することがアメリカの目論見だ。非常に厄介なのは、日本をまともな独立国家にしようとする政治家と、アメリカの意志のままに動いている官僚および政治家が「軍隊創設」という点で一致していることだ。敗戦後の流れを変えるためには官僚を一掃するしかないと思う。