2017-06-23

日本維新の会の国会議員歳費は2割を毎月被災地に寄付


2017-06-22

【東京都議選】公明党の共産党批判、ボルテージ最高潮 党機関紙で「危険性は国のお墨付き」「かつて朝鮮労働党と兄弟党」

 解説記事は「3つのK」を意味する「汚い、危険、北朝鮮」について1ページ(広告を除く)の半分以上を割いた。認可保育所の定員増加は公明党が実現したと強調した上で、共産党を「実績横取りのハイエナ政党」として「保育所増設を推進するどころか、関連する法律、予算に反対してきた張本人」と非難した。

産経ニュース 2017-06-22



 ま、どちらも「争いを好む政党」である。

読み始める

呉越春秋 湖底の城 一 (講談社文庫)呉越春秋 湖底の城 二 (講談社文庫)湖底の城 三 呉越春秋 (講談社文庫)呉越春秋 湖底の城 四 (講談社文庫)呉越春秋 湖底の城 五 (講談社文庫)呉越春秋 湖底の城 第六巻呉越春秋 湖底の城 第七巻日本をダメにするリベラルの正体

凶暴代議士「豊田真由子」による秘書への“絶叫暴言&暴行傷害音声

 録音・録画が最大の武器となる。






2017-06-20

「公明党の反共攻撃にどう反撃するか」 共産・志位和夫委員長が対抗心むき出しに

「公明党の反共攻撃にどう反撃するか」――。共産党の志位和夫委員長は19日、国会内で東京都議選(7月2日投開票)に向けた決起集会に出席し、公明党への対抗心をむきだしにした。

 都議選では、複数の選挙区で共産党と公明党が競り合う場面が目立っている。志位氏は「公明党の共産党に対する危機感はすごいものだ」と述べたうえで、ある公明党候補の演説会で「8割が共産党への攻撃だった」などと紹介した。

産経ニュース 2017-06-19

「公明党の反共攻撃」など高が知れている。それを恐れるところに共産党の未来が透けて見える。東アジアの情勢が急激に変化し、国民の多くが「憲法改正やむなし」と考える時代にあって、公明・共産の組織政党が世論をリードすることはない。創価学会学術部は数十年間にわたって首相・閣僚の靖国参拝を批判してきた。また創価学会員が靖国神社を訪れることも殆どないことだろう。国家のために戦い、散華していった英霊に感謝や敬意を示さない連中が国家の行く末を語ることができないのも当然だ。

2017-06-18

読み始める

隣人が殺人者に変わる時―ルワンダ・ジェノサイド生存者たちの証言曠野の花―石光真清の手記 2 (中公文庫)洗脳の楽園―ヤマギシ会という悲劇 (宝島社文庫)司馬遷―起死回生を期す (集英社文庫)モラルの起源――実験社会科学からの問い (岩波新書)役者 その世界 (岩波現代文庫)芸人 その世界 (岩波現代文庫)タレントその世界 (1977年) (文春文庫)スターその世界 (1978年)

ノーと言えない人間